今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  4. head - ファイルの先頭数行を表示 - Linuxコマンド
  5. コマンドの実行結果・標準出力をファイルに保存

sg - 別のグループIDでコマンドを実行 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

sgコマンドは、別のグループIDでコマンドを実行するコマンドです。

sg

書式

sg [-] [グループ [コマンド]]

sgコマンドは、別のグループIDでコマンドを実行します。sgコマンド実行後は元のグループに戻ります。suコマンドのグループ版と言ったところでしょう。

グループを新規作成する「groupaddコマンド」やグループを削除する「groupdelコマンド」も合わせてご覧ください。

使用例

まずは、「gpasswdコマンド」でグループにパスワードを設定しましょう。パスワードを設定していない場合は、以下のように「Invalid password.」と表示されコマンドが実行できません。

$ sg root ls /etc/
Password: 
Invalid password.

さて、準備ができたところでコマンドを実行してみましょう。rootグループで「lsコマンド」を実行してみます。

$ sg root "ls -a"
Password: ← rootグループのパスワードを入力
.  ..  .bash_history  .bash_logout  .bashrc  .lesshst  .profile

関連記事(一部広告含む)