今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  3. ssh-keygen - 認証用の鍵を生成 - Linuxコマンド
  4. export - 環境変数を定義・リスト表示する - Linuxコマンド
  5. su - ユーザーを変更する - Linuxコマンド

rm - ファイル・ディレクトリを削除 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

rmコマンドは、ファイル・ディレクトリを削除するコマンドです。

rmコマンド

書式

rm [オプション] ファイル・ディレクトリ

指定したファイルやディレクトリを削除します(デフォルトではディレクトリを削除しません)。ディレクトリを削除する場合は、オプション -r, -R を使いましょう。

オプション

-fファイルを削除する際に問い合わせません。指定したファイルが存在しない場合でも警告を表示しません。
-iファイルを削除する際に問い合わせます。
-r, -Rディレクトリを再帰的に削除します。
-v削除するファイル名を表示します。

使用例

ファイル(file1.txt)を削除します。

$ rm file1.txt

複数のファイル(file1.txt、file2.txt)を削除します。

$ rm file1.txt file2.txt

ディレクトリを削除します(オプション -r)。

$ ls -R
.:
dir

./dir:
test.txt
$ rm -r dir

削除するファイル名を表示します(オプション -v)。

$ ls
test.txt
$ rm -v test.txt 
removed `test.txt'

ファイルを削除する際に問い合わせます(オプション -i)。

$ rm -i test.txt
rm: remove 通常ファイル `test.txt'?

関連コマンド

mkdir, rmdir, umask

関連記事(一部広告含む)