今日の人気記事

  1. apt-get - パッケージの操作・管理 - Linuxコマンド
  2. sleep - 指定した時間だけ処理を遅延 - Linuxコマンド
  3. Debianのバージョン確認方法
  4. 公開鍵認証によるSSH接続 - Macターミナルの使い方
  5. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド

umask - ファイル作成時のパーミションを表示・変更 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

umaskコマンドは、ファイル・ディレクトリ作成時のパーミションを表示・変更するコマンドです。

umaskコマンド

書式

umask [オプション] [モード]

オプション

-p入力できるフォームで、現在のモードを表示します。
-S[rwx]といったシンボリックで現在のモードを表示します。

umaskのモード

作成されるファイルのパーミッションは「0666 - モード」、作成されるディレクトリのパーミションは「0777 - モード」になります。

モードが「0022」の場合
・作成されるファイルのパーミッションは「0644」 → 「0644 = 0666 - 0022」
・作成されるディレクトリのパーミションは「0755」 → 「0755 = 0777 - 0022」

モードが「0066」の場合
・作成されるファイルのパーミッションは「0600」 → 「0600 = 0666 - 0066」
・作成されるディレクトリのパーミションは「0711」 → 「0711 = 0777 - 0066」

※ パーミションについては「chmod」を参考にしてください。

使用例

まずは、オプションなしでコマンドを実行してみましょう。現在のモードが表示されます。

$ umask
0022
$ touch umask0022.txt
$ ls -l
合計 0
-rw-r--r-- 1 karuma karuma 0 10月  5 11:35 2013 umask0022.txt

モードを0044へ変更し、入力できるフォームで、現在のモードを表示します(オプション -p)。

$ umask 0066
$ umask -p
umask 0066
$ touch umask0066.txt
$ ls -l
-rw------- 1 karuma karuma 0 10月  5 11:35 2013 umask0066.txt

シンボリックで現在のモードを表示します(オプション -S)。

$ umask 
0022
$ umask -S
u=rwx,g=rx,o=rx

関連コマンド

chmod, ls, mkdir

関連記事(一部広告含む)