今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  3. ssh-keygen - 認証用の鍵を生成 - Linuxコマンド
  4. sleep - 指定した時間だけ処理を遅延 - Linuxコマンド
  5. tr - 文字の変換や削除 - Linuxコマンド

Tera Termマクロ - 公開鍵認証のSSH自動ログイン

スポンサーリンク

Windows対応のSSHクライアントTera Termには、便利なマクロ機能があります。ここでは、マクロ機能を利用した公開鍵認証のSSH自動ログイン方法を解説します。

SSHサーバー情報です。以下のサーバーへSSH接続します。

IPアドレス:aaa.bbb.ccc.ddd
SSHのポート番号:22
ユーザー:karuma

準備

公開鍵認証方式によるSSH接続には、公開鍵と秘密鍵が必要です。
こちら » 公開鍵認証によるSSH接続 – Tera Termの使い方 を参考に秘密鍵ペア(公開鍵と秘密鍵)を作成し、SSH接続できることを確認して下さい。

マクロ機能を利用するためには準備が必要です。
こちら » Tera Termマクロ – 公開鍵認証のSSH自動ログイン を参考にマクロ機能を利用して、マクロ機能を利用したパスワード認証のSSH自動ログインができることを確認して下さい。

これで、準備完了です。

公開鍵認証のSSH自動ログインマクロ

それでは、公開鍵認証のSSH自動ログインのマクロファイルを編集しましょう。

username = 'karuma'
hostname = 'aaa.bbb.ccc.ddd'
key_file = 'id_rsa' ← 秘密鍵ファイルを指定
passwdfile = 'passwd.dat'
portnum = '22'

getpassword passwdfile username userpasswd ← パスフレーズを暗号化ファイルとして保存

msg = hostname
strconcat msg ':portnum /ssh /auth=publickey /user=' ← 公開鍵認証を指定
strconcat msg username
strconcat msg ' /passwd='
strconcat msg userpasswd
strconcat msg ' /keyfile=' 
strconcat msg key_file
strconcat msg inputstr

connect msg

tera-term40
編集したマクロファイル(ssh2login.ttl)を実行します。

teraterm
パスフレーズを入力し、「OK」をクリックすれば、SSH接続完了です。

※ここで入力したパスフレーズは暗号化され、パスフレーズファイル(passwd.dat)として保存されます。そのため、次回からパスフレーズを入力する必要はありません。

関連記事(一部広告含む)