今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  4. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  5. export - 環境変数を定義・リスト表示する - Linuxコマンド

公開鍵認証によるSSH接続 - Tera Termの使い方

スポンサーリンク

Windows対応のSSHクライアントTera Termを利用した、公開鍵認証によるSSH接続について解説します。

» Tera Termの使い方

公開鍵認証方式によるSSH接続には、公開鍵と秘密鍵が必要です。これら鍵ペア(公開鍵と秘密鍵)の作成には、ssh-keygenコマンドなどさまざまな方法があります。

スポンサーリンク

ここでは、Tera Termを使って鍵ペアを作成し、それらの鍵による公開鍵認証で以下のSSHサーバーにSSH接続するまでを解説します。

・SSHサーバー情報
IPアドレス:aaa.bbb.ccc.ddd
SSHのポート番号:22
ユーザー:karuma

公開鍵と秘密鍵の生成

tera-term-1
公開鍵と秘密鍵の生成するために、Tera Termを起動します。

teraterm-key-00
起動すると「新しい接続」が表示されるので、「キャンセル」をクリックします。

teraterm-key-01
Tera Termのメニューから「SSH鍵生成」をクリックします。

teraterm-key-02
「生成」をクリックします。

・鍵の種類
「RSA1」「RSA」「DSA」などさまざまな形式が選択できますが、ここでは一般的に広く利用されている「RSA」を選択しています。

・ビット数
鍵のビット数です。当然、ビット数は大きい方がいいのですが(安全)、不要に大きてもしょうがないので、「2048」でOKです。

teraterm-key-20
「鍵のパスフレーズ」を入力し、同じパスフレーズを「パスフレーズの確認」に入力します。

※パスフレーズは空でも構いません。

teraterm-key-21
「公開鍵の保存」をクリックし、公開鍵を任意のフォルダに保存します。

teraterm-key-22
「秘密鍵の保存」をクリックし、秘密鍵を任意のフォルダに保存します。

これで、公開鍵と秘密鍵の生成は完了です。

公開鍵の設置

保存した公開鍵をTera Termのscpを利用して、SSHサーバーに設置します。

teraterm-key-05
「新しい接続」をクリックします。

teraterm-key-06
必要項目を入力し、「OK」をクリックします。

teraterm-key-07
「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「プレインテキストを使う」が選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。

※ここでの、SSH接続はパスワード認証です。

teraterm-key-08
SSH接続できました。

次に先ほど作成した公開鍵ファイルをTera Termにドラッグアンドドロップします。

teraterm-key-12
ドラッグアンドドロップすると「ファイル転送を行いますか?」というメッセージが表示されるので、「SCP」をクリックし、ファイルを転送します。

ファイルを転送が完了したら、コマンド操作で公開鍵(~/id_rsa.pub)を移動・リネーム(~/.ssh/authorized_keys)します。

$ pwd
/home/karuma
$ ls
id_rsa.pub
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ mv id_rsa.pub .ssh/authorized_keys
$ exit

以上で、公開鍵の設置完了です。次は、いよいよ公開鍵によるSSH接続です。

公開鍵認証によるSSH接続

Tera Termを起動します。

teraterm-key-13-1
必要な項目を入力し、「OK」をクリックします。

teraterm-key-30
「ユーザー名」、鍵ペアをつくった際に入力した「パスフレーズ」を入力し、「RSA/DSA鍵を使う」を選択します。次に「秘密鍵」をクリックし、秘密鍵ファイルを選択し、「OK」をクリックします。

teraterm-key-08
このようにプロンプト($)が表示されれば、公開鍵によるSSH接続の完了です。

スポンサーリンク

関連記事と広告