今日の人気記事

  1. export - 環境変数を定義・リスト表示する - Linuxコマンド
  2. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  3. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  4. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  5. 公開鍵認証によるSSH接続 - Tera Termの使い方

sudoユーザーを追加する方法

スポンサーリンク

他のユーザーでコマンドを実行するsudoコマンドを利用するsudoユーザーを追加する方法を紹介します。

sudoユーザーを追加する方法

sudoユーザーに追加していないユーザーでsudoコマンドを実行すると、

$ sudo less /etc/passwd
[sudo] password for karuma: 
karuma is not in the sudoers file.  This incident will be reported.

「karuma is not in the sudoers file. This incident will be reported.(karuma は sudoers ファイル内にありません。この事象は記録・報告されます。)」と、怒られます……。

ということで、ここでは特定のユーザー(ここでは「karuma」)がsudoコマンドを実行できるようにしてみましょう。

/etc/sudoers ファイルにユーザーを追加すればいいのですが、/etc/sudoers ファイルには、あらかじめsudoコマンドを利用できるグループが用意されています。Debianの場合は、sudoグループ。CentOSの場合はwheelグループ。

スポンサーリンク
# Allow members of group sudo to execute any command
%sudo   ALL=(ALL:ALL) ALL

このグループにユーザーを追加するだけでsudoコマンドが利用できるようになります。早速追加してみましょう。ここでは「usermodコマンド」を使って、karumaをsudoグループに追加します。

# usermod -G sudo karuma
# cat /etc/group | grep karuma
sudo:x:27:karuma
karuma:x:1000:

これで、OKです。karumaは sudoコマンドが実行できるようになりました。

確認のため、再度sudoコマンドを実行してみましょう。。

$ sudo less /etc/passwd
[sudo] password for karuma: 

ユーザーのパスワードを入力し、指定したコマンドが実行できれば、適切に設定されています。

以上、「sudoユーザーを追加する方法」でした。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)