Linuxコマンド【 sudo 】他のユーザーとしてコマンドを実行する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

sudoコマンドは、他のユーザーとしてコマンドを実行するコマンドです。

sudo

書式

sudo [オプション]

sudoコマンドではスーパーユーザー(root)やその他のユーザーに成り代わって、コマンドを実行することができます。

オプション

-b指定したコマンドをバックグランドで実行します。
-hヘルプメッセージを表示します。
-l許可・禁止されているコマンドを表示します。
-S標準入力からパスワードを読み込みます。
-u ユーザー名コマンドを実行するユーザーを指定します。

使用例

sudoで許可・禁止されているコマンドを表示します(オプション -l)。

$ sudo -l
Matching Defaults entries for karuma on this host:
    env_reset, mail_badpass,
    secure_path=/usr/local/sbin\:/usr/local/bin\:/usr/sbin\:/usr/bin\:/sbin\:/bin

User karuma may run the following commands on this host:
    (ALL : ALL) ALL

sudoを使って、rootにしか許可されていないコマンドを実行してみましょう。

$ sudo apt-get udpate
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo less /etc/passwd

いちいち、root(スーパーユーザー)にスイッチする必要がないので、便利ですね。

ユーザー の人気記事

  1. Linuxコマンド【 passwd 】ユーザーのパスワードを変更する
  2. Linuxコマンド【 su 】ユーザーを変更する
  3. Linuxコマンド【 groups 】ユーザーの所属グループを表示する
  4. Linuxコマンド【 getent 】ユーザーやグループの一覧を表示する
  5. コマンドリファレンス
  6. Linuxコマンド【whoami】現在のユーザー名を表示する
  7. Linuxコマンド【 chage 】ユーザーのパスワード有効期限を表示・変更する
  8. manコマンドの表示を日本語にする方法
  9. Linuxコマンド【 useradd 】新規ユーザーの作成
  10. Linuxコマンド【 adduser 】新しいユーザーアカウントを対話的に作成する

関連記事(一部広告含む)