Linuxコマンド【 chage 】ユーザーのパスワード有効期限を表示・変更する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

chageコマンドは、ユーザーのパスワード有効期限を表示・変更するコマンドです。

chageコマンド

書式

chage [オプション] ユーザー名

パスワード有効期限の変更は、rootユーザーのみが実行可能です。一般ユーザーは自身のパスワード有効期限情報を表示する「オプション -l」のみ利用できます。

オプション

-d 最終更新日パスワードの最終更新日(YYYY-MM-DD)を指定します。
-E 有効期限日パスワードの有効期限日(YYYY-MM-DD)を指定します。
-I 日数パスワードの有効期限が切れてから、ユーザーアカウントがロックされるまでの日数を指定します。
-lユーザーのパスワード有効期限情報を表示します。
-m 日数パスワードが変更できる最小日数を指定します。
-M 日数パスワードが有効な最大日数を指定します。
-W 日数パスワードの有効期限が切れる何日前から警告を表示するかを指定します。

使用例

一般ユーザー(karuma)で、自身のパスワード有効期限情報を表示します。

$ chage -l karuma
Last password change : Oct 21, 2013
Password expires : never
Password inactive : never
Account expires : never
Minimum number of days between password change : 0
Maximum number of days between password change : 99999
Number of days of warning before password expires : 7

rootで一般ユーザー(karuma)のパスワードの変更が可能な最小日数(オプション -m)とパスワードが有効な最大日数(オプション -M)を指定します。

# chage -m 3 -M 100 karuma

パスワードの有効期限情報を確認します。

# chage -l karuma
Last password change : Oct 01, 2013
Password expires : Jan 09, 2014
Password inactive : Jan 16, 2014
Account expires : Oct 01, 2013
Minimum number of days between password change : 3
Maximum number of days between password change : 100
Number of days of warning before password expires : 7

関連コマンド

passwd, useradd

ユーザー の人気記事

  1. Linuxコマンド【 su 】ユーザーを変更する
  2. Linuxコマンド【 passwd 】ユーザーのパスワードを変更する
  3. Linuxコマンド【 groups 】ユーザーの所属グループを表示する
  4. Linuxコマンド【 chage 】ユーザーのパスワード有効期限を表示・変更する
  5. コマンドリファレンス
  6. Linuxコマンド【 useradd 】新規ユーザーの作成
  7. manコマンドの表示を日本語にする方法
  8. Linuxコマンド【 getent 】ユーザーやグループの一覧を表示する
  9. Linuxコマンド【 id 】ユーザーIDとグループIDを表示する
  10. Linuxコマンド【whoami】現在のユーザー名を表示する

関連記事(一部広告含む)