Linuxコマンド【 su 】ユーザーを変更する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

suコマンドは、ユーザーを変更する(スーパーユーザーになる)コマンドです。

su

書式

su [-] [ユーザー名]

suコマンドではセッション中にユーザーを変更するコマンドです。ユーザー名を指定せずにsuコマンドを実行するとスーパーユーザー(root)に変更します。

引数に「-」を付けると、そのユーザーの環境変数(PATHなど)を引き継ぎます。

ユーザーを変更せずにスーパーユーザー(root)としてコマンドを実行する場合は、「sudoコマンド」が便利です。

オプション

-c コマンド指定したコマンドを実行します。

使用例

一般ユーザー(ここでは、karuma)からroot(スーパーユーザー)に変更します。「whoamiコマンド」でユーザーの変更を確認しています。

$ whoami
karuma
$ su
Password: ← rootのパスワードを入力
# whoami
root

環境変数を引き継いで、root から 一般ユーザー(ここではkaruma)に変更します。root → 一般ユーザー の場合、パスワードの入力は必要ありません。

# su - karuma
$ whoami
karuma

関連コマンド

sudo

ユーザー の人気記事

  1. Linuxコマンド【 su 】ユーザーを変更する
  2. Linuxコマンド【 passwd 】ユーザーのパスワードを変更する
  3. manコマンドの表示を日本語にする方法
  4. Linuxコマンド【whoami】現在のユーザー名を表示する
  5. Linuxコマンド【 chage 】ユーザーのパスワード有効期限を表示・変更する
  6. Linuxコマンド【 getent 】ユーザーやグループの一覧を表示する
  7. コマンドリファレンス
  8. Linuxコマンド【 groupadd 】新規グループを作成する
  9. Linuxコマンド【 useradd 】新規ユーザーの作成
  10. Linuxコマンド【 usermod 】ユーザーアカウント情報を変更する

関連記事(一部広告含む)