今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  4. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  5. rsync - 高速なファイル同期(バックアップ) - Linuxコマンド

arp - ARPキャッシュを操作 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

arpコマンドは、ARPキャッシュを操作するコマンドです。

arpコマンド

書式

arp [オプション] [ホスト]

ネットワークインターフェース、IPアドレス、MACアドレスの対応表であるカーネルのARPテーブルのキャッシュの参照や設定を行います。

ARPキャッシュを手動で編集するには、root権限が必要です。

スポンサーリンク

オプション

-a [ホスト名]指定したホスト名の情報を表示します。ホスト名を指定しない場合は、すべてを表示します。
-d ホスト名指定したホスト名を削除します。
-f ファイル名指定したファイル名のアドレス情報を利用します。
-i インターフェースインターフェースを指定します。
-nホスト名、ポート番号、ユーザー名を名前解決せずに、数値のまま表示します。
-s ホスト名 HWアドレス指定したホスト名・HWアドレスのエントリーを設定します。
-v詳細情報を表示します。

使用例

オプションなしで、arpコマンドを実行するとARPキャッシュを表示します。

$ arp
Address                  HWtype  HWaddress           Flags Mask            Iface
aa.bb.cc.dd            ether   XX:XX:XX:XX:XX:XX   C                     eth0

指定したホスト名とHWアドレスで、ARPキャッシュを作成します(オプション -s、オプション -i)。以下のコマンドを実行するにはroot権限が必要です。

# arp -s 192.168.2.100 00:11:00:11:00:11 -i eth0

作成したARPキャッシュを確認します。指定したホスト名とHWアドレスのキャッシュが追加されています。

# arp
Address                  HWtype  HWaddress           Flags Mask            Iface
aa.bb.cc.dd            ether   XX:XX:XX:XX:XX:XX   C                     eth0
192.168.2.100            ether   00:11:00:11:00:11   CM                    eth0

ARPキャッシュを削除します(オプション -d)。以下のコマンドを実行するにはroot権限が必要です。

# arp -d 192.168.2.100 -i eth0

削除したARPキャッシュを確認します。(incomplete)と表示され、HWアドレスの取得に失敗しています。

# arp
Address                  HWtype  HWaddress           Flags Mask            Iface
aa.bb.cc.dd            ether   XX:XX:XX:XX:XX:XX   C                     eth0
192.168.2.100                    (incomplete)                              eth0

もう一度、arpコマンドを実行してみましょう。すると、ARPキャッシュから削除されていることがわかります。

# arp
Address                  HWtype  HWaddress           Flags Mask            Iface
aa.bb.cc.dd            ether   XX:XX:XX:XX:XX:XX   C                     eth0

関連コマンド

ifconfig, netstat, ping, traceroute

スポンサーリンク

関連記事と広告