今日の人気記事

  1. apt-get - パッケージの操作・管理 - Linuxコマンド
  2. sleep - 指定した時間だけ処理を遅延 - Linuxコマンド
  3. Debianのバージョン確認方法
  4. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  5. unzip - アーカイブを展開 - Linuxコマンド

cal - カレンダーを表示する - Linuxコマンド

スポンサーリンク

calコマンドは、カレンダーを表示するコマンドです。

calコマンド

書式

cal [オプション]

オプション

-3先月・今月・来月の3つのカレンダーを表示します。
-h本日のハイライトを消します。
-j1月1日からの日数カレンダーを表示します。
-m 月表示する「月」を指定します。
-y [西暦]表示する「西暦」を指定します。指定しない場合は現在の西暦が表示されます。

使用例

オプションなしでコマンドを実行します。コマンドを実行した日がハイライトされます(ちなみにこの例では12月26日)。

$ cal
      12月 2013        
日 月 火 水 木 金 土  
 1  2  3  4  5  6  7  
 8  9 10 11 12 13 14  
15 16 17 18 19 20 21  
22 23 24 25 26 27 28  
29 30 31              

カレンダーから、本日のハイライトを消します(オプション -h)。

$ cal -h
      12月 2013        
日 月 火 水 木 金 土  
 1  2  3  4  5  6  7  
 8  9 10 11 12 13 14  
15 16 17 18 19 20 21  
22 23 24 25 26 27 28  
29 30 31              

1月1日からの日数でカレンダー表示します(オプション -j)。

$ cal -jh
         12月 2013            
 日  月  火  水  木  金  土  
335 336 337 338 339 340 341  
342 343 344 345 346 347 348  
349 350 351 352 353 354 355  
356 357 358 359 360 361 362  
363 364 365                  

指定した月(ここでは5月)のカレンダーを表示します(オプション -m)。

$ cal -m 5
      5月 2013         
日 月 火 水 木 金 土  
          1  2  3  4  
 5  6  7  8  9 10 11  
12 13 14 15 16 17 18  
19 20 21 22 23 24 25  
26 27 28 29 30 31     

関連コマンド

date

関連記事(一部広告含む)