Linuxコマンド【 tail 】ファイルの末尾数行を表示する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

tailコマンドは、ファイルの末尾数行を標準出力に表示するコマンドです。

tailコマンド

書式

tail [オプション] [ファイル]

指定したファイルの末尾 10行を標準出力に表示します。表示する行数やバイト数を指定することもできます。複数のファイルを指定した場合は、ファイル名がファイル内容の前に表示されます。
cf. » head - ファイルの先頭数行を表示

オプション

-c バイト数表示するバイト数を指定します。
-fファイルが内容が増えた場合、新しい末尾を追加表示します。
-n 行数表示する行数を指定します。指定しない場合は、末尾 10行が表示されます。
-qファイル名を表示しません。
-v常にファイル名を表示します。

使用例

指定したファイル(/etc/passwd)の末尾 10行を表示します(オプション なし)。

$ tail /etc/passwd
irc:x:39:39:ircd:/var/run/ircd:/bin/sh
gnats:x:41:41:Gnats Bug-Reporting System (admin):/var/lib/gnats:/bin/sh
nobody:x:65534:65534:nobody:/nonexistent:/bin/sh
libuuid:x:100:101::/var/lib/libuuid:/bin/sh
Debian-exim:x:101:103::/var/spool/exim4:/bin/false
statd:x:102:65534::/var/lib/nfs:/bin/false
sshd:x:103:65534::/var/run/sshd:/usr/sbin/nologin
karuma:x:1000:1000:Karuma Jiro,,,:/home/karuma:/bin/bash
mysql:x:104:107:MySQL Server,,,:/nonexistent:/bin/false
messagebus:x:105:108::/var/run/dbus:/bin/false

指定した行数(ここでは、3行)を表示します(オプション -n)。

$ tail -n 3 /etc/passwd
karuma:x:1000:1000:Karuma Jiro,,,:/home/karuma:/bin/bash
mysql:x:104:107:MySQL Server,,,:/nonexistent:/bin/false
messagebus:x:105:108::/var/run/dbus:/bin/false

複数のファイルの末尾 2行を表示します。複数のファイルを指定しているので、ファイル名がファイル内容の前に表示されます。

$ tail -n 2 /etc/passwd hoge.txt
==> /etc/passwd <==
mysql:x:104:107:MySQL Server,,,:/nonexistent:/bin/false
messagebus:x:105:108::/var/run/dbus:/bin/false

==> hoge.txt <==
	1	2	3	4	5
	a	b	c	d	e

tailコマンドは標準出力の結果をパイプ「|」を介しての処理にもよく利用されます。「dmesgコマンド」をみてみましょう。

$ dmesg | tail -n 3
[    4.884904] Installing knfsd (copyright (C) 1996 okir@monad.swb.de).
[   14.512133] eth0: no IPv6 routers present
[32361.573119] UDP: short packet: From 119.81.7.18:53 to **.**.**.**

ファイルが内容が増えた場合、新しい末尾を追加表示します(オプション -f)。ログやアクセスを確認する場合に大変良く使うオプションです! 追加表示を抜ける場合は「Ctrlキー」を押しながら「Cキー」を押します。

# tail -f /var/log/syslog
Nov 15 10:16:35  dhclient: DHCPREQUEST on eth0 to *** port 67
Nov 15 10:16:35  dhclient: DHCPACK from ***
Nov 15 10:16:35  dhclient: bound to -- renewal in 34605 seconds.
Nov 15 10:17:01  /USR/SBIN/CRON[17122]: (root) CMD (   cd / && run-parts --report /etc/cron.hourly)
…

関連コマンド

head

テキスト の人気記事

  1. Linuxコマンド【 tail 】ファイルの末尾数行を表示する
  2. Linuxコマンド【 strings 】バイナリファイルの中身を確認する
  3. Linuxコマンド【 iconv 】ファイルの文字コードを変換する
  4. Linuxコマンド【 head 】ファイルの先頭数行を表示する
  5. Linuxコマンド【 tr 】文字列を変換・削除する
  6. コマンドリファレンス
  7. Linuxコマンド【 nkf 】文字コードを変換する
  8. Linuxコマンド【 cut 】ファイルの各行から一部分を切り出す
  9. manコマンドの表示を日本語にする方法
  10. Linuxコマンド【 grep 】パターンにマッチする行を表示する

関連記事(一部広告含む)