Linuxコマンド【 tr 】文字列を変換・削除する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

trコマンドは、標準入力から読み込んだ文字列を変換・削除し、標準出力に表示するコマンドです。

trコマンド

書式

tr [オプション] 文字列1 [文字列2]

オプション

-c文字列1で指定した文字列を文字列2に置換します。
-d文字列1で指定した文字列を削除します。
-s読み込んだ文字列の中に文字列1で指定した文字列が連続して存在する場合、1個に置換します。
-t文字列1を文字列2の長さまで切り詰めます。

使用例

テキストファイル(hoge.txt)を使って、trコマンドの挙動を確認します。

$ cat hoge.txt
12345
abcde
ABCDE

指定した文字列(abc)を文字列(XYZ)に置換します(オプションなし)。

$ cat hoge.txt | tr abc XYZ
12345
XYZde
ABCDE

指定した文字列(ここでは、123)を削除します(オプション -d)。

$ cat hoge.txt | tr -d 123
45
abcde
ABCDE

foo.txt の空白を削除し、bar.txt に出力します。

$ tr -d ' ' < foo.txt > bar.txt

関連コマンド

expand, nkf, sort

テキスト の人気記事

  1. Linuxコマンド【 cut 】ファイルの各行から一部分を切り出す
  2. Linuxコマンド【 tr 】文字列を変換・削除する
  3. Linuxコマンド【 tail 】ファイルの末尾数行を表示する
  4. Linuxコマンド【 strings 】バイナリファイルの中身を確認する
  5. コマンドリファレンス
  6. manコマンドの表示を日本語にする方法
  7. Linuxコマンド【 uniq 】ファイルの重複した行を削除・表示する
  8. expand - タブをスペースに変換 - Linuxコマンド
  9. Linuxコマンド【 head 】ファイルの先頭数行を表示する
  10. Linuxコマンド【 nkf 】文字コードを変換する

関連記事(一部広告含む)