今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  3. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  4. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  5. su - ユーザーを変更する - Linuxコマンド

strings - バイナリファイルの中身を確認 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

stringsコマンドは、テキストファイル以外のバイナリファイルやデータファイルの中身を確認するためのコマンドです。

stringsコマンド

書式

strings [オプション] ファイル

指定したファイル中の表示可能な文字列を標準出力に表示します。バイナリファイルやデータファイルの内容を判断するために用います。

オプション

-f出力文字列の前にファイル名を表示します。
-n 数値指定した数値以上の長さを文字列のみを出力します。デフォルトは、4です。

使用例

lessコマンド」で、バイナリファイルを閲覧しようとすると、以下のように「... may be a binary file. See it anyway? (バイナリファイルだけど中身みる?)」というメッセージが表示されます。

# less /sbin/mkfs
"/sbin/mkfs" may be a binary file.  See it anyway? 

「y」と入力すると……。以下のように文字化けします。

^?ELF^B^A^A^@^@^@^@^@^@^@^@^@^B^@>^@^A^@^@^@X^M@^@^@^@^@^@@^@^@^@^@^@^@^@<88>!^@^@^@^@
^@^@^@^@^@^@@^@8^@
… 略 …

こんなときにstringsコマンドを使います。ファイルの全容はわからないものの、かなり多くの文字列を拾うことができるので、内容を判断する大きな手がかりになります。

# strings /sbin/mkfs
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2
__gmon_start__
libc.so.6
__printf_chk
exit
setlocale
optind
perror
dcgettext
putchar

… 中略 …

Usage: %s [options] [-t type fs-options] device [size]
Options:
 -t, --type=TYPE  file system type, when undefined ext2 is used
     fs-options   parameters to real file system builder
     device       path to a device
     size         number of blocks on the device
 -V, --verbose    explain what is done
                  defining -V more than once will cause a dry-run
 -V, --version    output version information and exit
                  -V as version must be only option
 -h, --help       display this help and exit
For more information see mkfs(8).
PATH=/sbin:/sbin/fs.d:/sbin/fs
%s (%s)
util-linux 2.20.1

関連コマンド

cut, file, sort, split

関連記事(一部広告含む)