Linuxコマンド【 strings 】バイナリファイルの中身を確認する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

stringsコマンドは、テキストファイル以外のバイナリファイルやデータファイルの中身を確認するためのコマンドです。

stringsコマンド

書式

strings [オプション] ファイル

指定したファイル中の表示可能な文字列を標準出力に表示します。バイナリファイルやデータファイルの内容を判断するために用います。

オプション

-f出力文字列の前にファイル名を表示します。
-n 数値指定した数値以上の長さを文字列のみを出力します。デフォルトは、4です。

使用例

lessコマンド」で、バイナリファイルを閲覧しようとすると、以下のように「... may be a binary file. See it anyway? (バイナリファイルだけど中身みる?)」というメッセージが表示されます。

# less /sbin/mkfs
"/sbin/mkfs" may be a binary file.  See it anyway? 

「y」と入力すると……。以下のように文字化けします。

^?ELF^B^A^A^@^@^@^@^@^@^@^@^@^B^@>^@^A^@^@^@X^M@^@^@^@^@^@@^@^@^@^@^@^@^@<88>!^@^@^@^@
^@^@^@^@^@^@@^@8^@
… 略 …

こんなときにstringsコマンドを使います。ファイルの全容はわからないものの、かなり多くの文字列を拾うことができるので、内容を判断する大きな手がかりになります。

# strings /sbin/mkfs
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2
__gmon_start__
libc.so.6
__printf_chk
exit
setlocale
optind
perror
dcgettext
putchar

… 中略 …

Usage: %s [options] [-t type fs-options] device [size]
Options:
 -t, --type=TYPE  file system type, when undefined ext2 is used
     fs-options   parameters to real file system builder
     device       path to a device
     size         number of blocks on the device
 -V, --verbose    explain what is done
                  defining -V more than once will cause a dry-run
 -V, --version    output version information and exit
                  -V as version must be only option
 -h, --help       display this help and exit
For more information see mkfs(8).
PATH=/sbin:/sbin/fs.d:/sbin/fs
%s (%s)
util-linux 2.20.1

関連コマンド

cut, file, sort, split

テキスト の人気記事

  1. Linuxコマンド【 tail 】ファイルの末尾数行を表示する
  2. Linuxコマンド【 strings 】バイナリファイルの中身を確認する
  3. Linuxコマンド【 iconv 】ファイルの文字コードを変換する
  4. Linuxコマンド【 head 】ファイルの先頭数行を表示する
  5. Linuxコマンド【 tr 】文字列を変換・削除する
  6. コマンドリファレンス
  7. Linuxコマンド【 nkf 】文字コードを変換する
  8. Linuxコマンド【 cut 】ファイルの各行から一部分を切り出す
  9. manコマンドの表示を日本語にする方法
  10. Linuxコマンド【 grep 】パターンにマッチする行を表示する

関連記事(一部広告含む)