indent - C言語のソースコードを整形 - Linuxコマンド

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

indentコマンドは、C言語のソースコードをきれいに見やすく整形してくれるコマンドです。

indentコマンド

書式

indent [オプション] 入力ファイル
indent [オプション] 入力ファイル -o 出力ファイル

出力ファイルを指定しない場合、入力ファイル名の末尾にチルダ「~」がついたバックアップファイルを作成します。

C言語にはさまざまなスタイルがあり、デフォルトでは「GNUスタイル」に整形します。また、オプションで「Kernighan & Ritchieスタイル(K&Rスタイル)」や「Berkeleyスタイル」に変換することも可能です。

K&Rスタイルの詳細は、Kernighan & Ritchie著の『プログラミング言語C』をご覧ください。

オプション

-bad変数宣言の後に空行を入れます。
-bapプロシージャの後に空行を入れます。
-bbbコメントの後に空行を入れます。
-bc宣言内のカンマ「,」の後に空行を入れます。
-kr「Kernighan & Ritchie」スタイルに整形します。
-orig「Berkeley」スタイルに整形します。
-st標準出力に整形結果を出力します。

使用例

以下のC言語のソースコード(hello.c)を使って、コマンドの挙動を確認します。

$ cat hello.c
#include
int main() {
printf("Hello, World\n");
int i;
for(i=1;i<3;i++){printf("%d\n",i);} return 0;
}

indentコマンドを実行します。

$ indent hello.c

コマンドを実行すると以下のように見やすいソースコードに整形されます。

$ cat hello.c
#include
int
main ()
{
  printf ("Hello, World\n");
  int i;
  for (i = 1; i < 3; i++)
    {
      printf ("%d\n", i);
    }
  return 0;
}

入力ファイルは、ファイル名の末尾にチルダ「~」がついたファイルにバックアップされます。

$ ls
hello.c hello.c~

出力ファイルを指定します(オプション -o)。

$ indent hello.c -o new.c

コマンドの実行結果を標準出力に表示します(オプション -st)。

$ indent -st hello.c
#include
int
main ()
{
  printf ("Hello, World\n");
  int i;
  for (i = 1; i < 3; i++)
    {
      printf ("%d\n", i);
    }
  return 0;
}

関連コマンド

seq, sort, wc

テキスト の人気記事

  1. Linuxコマンド【 tail 】ファイルの末尾数行を表示する
  2. Linuxコマンド【 head 】ファイルの先頭数行を表示する
  3. Linuxコマンド【 cut 】ファイルの各行から一部分を切り出す
  4. コマンドリファレンス
  5. Linuxコマンド【 tr 】文字列を変換・削除する
  6. Linuxコマンド【 iconv 】ファイルの文字コードを変換する
  7. manコマンドの表示を日本語にする方法
  8. Linuxコマンド【 nkf 】文字コードを変換する
  9. seq - 連続した数字の列を出力・表示 - Linuxコマンド
  10. Linuxコマンド【 grep 】パターンにマッチする行を表示する

関連記事(一部広告含む)