今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. export - 環境変数を定義・リスト表示する - Linuxコマンド
  3. ssh-keygen - 認証用の鍵を生成 - Linuxコマンド
  4. PuTTYのインストール - PuTTYの使い方
  5. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド

manコマンドの表示を日本語にする方法

スポンサーリンク

manコマンドで表示されるマニュアルページを日本語にする方法を紹介します。

環境変数LANGの確認

まず、使用しているシェルが利用している言語を確認しましょう。「echoコマンド」で環境変数LANGを表示します。

# echo $LANG
en_US.UTF-8

この例では「en_US.UTF-8」という英語のロケールに設定されているので、「exportコマンド」を使って環境変数LANGを日本語に変更します。

環境変数LANGの変更

環境変数LANGを「ja_JP.utf8」に変更します。

# export LANG=ja_JP.utf8

環境変数LANGが日本語に変更されているかどうかを確認します。

# echo $LANG
ja_JP.utf8

適切に変更されていることを確認したら、日本語のマニュアルページをインストールします。

# apt-get install manpages-ja

manコマンドを実行し、日本語のマニュアルページが表示されるかどうかを確認しましょう。

LS(1)                                    ユーザーコマンド                                   LS(1)
名前   ls - ディレクトリの内容をリスト表示する
書式   ls [オプション]... [ファイル]...
… 略 …

日本語のマニュアルページが表示されない場合は以下の環境変数も日本語に設定すれば、OKです。

# export LANGUAGE=ja_JP.utf8
# export LC_ALL=ja_JP.utf8

関連記事(一部広告含む)