今日の人気記事

  1. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  2. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  3. 公開鍵認証によるSSH接続 - Tera Termの使い方
  4. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  5. ls - ファイルとディレクトリのリストを表示 - Linuxコマンド

export - 環境変数を定義・リスト表示する - Linuxコマンド

スポンサーリンク

exportコマンドは、環境変数を定義・リスト表示するコマンドです。

exportコマンド

書式

export [オプション]

オプション

-n指定した環境変数を削除します。
-pエクスポートされている環境変数のリストを表示します。
スポンサーリンク

使用例

エクスポートされている環境変数のリストを表示します(オプション -p)。

$ export -p
declare -x HOME="/home/karuma"
declare -x LANG="ja_JP.UTF-8"
declare -x LOGNAME="karuma"
declare -x MAIL="/var/mail/karuma"
declare -x OLDPWD
declare -x PATH="/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/games:/usr/games"
declare -x PWD="/home/karuma"
declare -x SHELL="/bin/bash"
declare -x SHLVL="1"
declare -x TERM="xterm-256color"
declare -x USER="karuma"

環境変数(ここでは、TEST)を定義します。

$ export TEST="hoge"
$ export -p | grep TEST
declare -x TEST="hoge"

指定した環境変数(ここでは、TEST)を削除します(オプション -n)。

$ export -n TEST
$ export -p | grep TEST

関連コマンド

env, printenv

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)