Linuxコマンド【 export 】環境変数を定義・リスト表示する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

exportコマンドは、環境変数を定義・リスト表示するコマンドです。

exportコマンド

書式

export [オプション]

オプション

-n指定した環境変数を削除します。
-pエクスポートされている環境変数のリストを表示します。

使用例

エクスポートされている環境変数のリストを表示します(オプション -p)。

$ export -p
declare -x HOME="/home/karuma"
declare -x LANG="ja_JP.UTF-8"
declare -x LOGNAME="karuma"
declare -x MAIL="/var/mail/karuma"
declare -x OLDPWD
declare -x PATH="/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/games:/usr/games"
declare -x PWD="/home/karuma"
declare -x SHELL="/bin/bash"
declare -x SHLVL="1"
declare -x TERM="xterm-256color"
declare -x USER="karuma"

環境変数(ここでは、TEST)を定義します。

$ export TEST="hoge"
$ export -p | grep TEST
declare -x TEST="hoge"

指定した環境変数(ここでは、TEST)を削除します(オプション -n)。

$ export -n TEST
$ export -p | grep TEST

関連コマンド

env, printenv

システム の人気記事

  1. Linuxコマンド【shutdown】システムを終了する
  2. コマンドリファレンス
  3. Linuxコマンド【 date 】システムの日付や時刻の表示・設定する
  4. Linuxコマンド【 export 】環境変数を定義・リスト表示する
  5. manコマンドの表示を日本語にする方法
  6. Linuxコマンド【 runlevel 】現在のランレベルを確認する
  7. Linuxコマンド【 ldd 】共有ライブラリへの依存関係を表示する
  8. Linuxコマンド【 bc 】シェルで数値計算を実行する
  9. Linuxコマンド【 script 】端末の操作を記録する
  10. Linuxコマンド【hostname】マシンのホスト名を表示・設定する

関連記事(一部広告含む)