init - プロセス制御・ランレベルの変更 - Linuxコマンド

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

initコマンドは、プロセス制御・ランレベルを変更するコマンドです。

initコマンド

書式

init [オプション] [ランレベル]

initはファイル(/etc/inittab)に記述されているスクリプトからプロセスを実行・制御します。

オプション

-t 秒数ランレベルを変更するまでの時間(秒数)を指定します。

ランレベル

[0123456Ss]から指定します。S あるいは s を指定した場合はシングルユーザーモードで起動します。

この0から6の数字は、ランレベル(Runlevel)と呼ばれ、Linux OSの動作モードを表します。

0:システムの停止
1:シングルユーザーモード、ネットワーク無し
2:マルチユーザーモード(NFSマウントなし)
3:マルチユーザーモード(コンソール)、ネットワーク有り
4:未使用
5:マルチユーザーモード(X Windows)、ネットワーク有り
6:システム再起動

ランレベルの詳細はこちらを参考にしてください。
» ランレベルとは

使用例

ランレベル0に変更します(停止)。

# init 0

10秒後にランレベル6に変更します(再起動)。

# init -t 10 6

システム の人気記事

  1. Linuxコマンド【 reboot 】システムをすぐに再起動する
  2. Linuxコマンド【 script 】端末の操作を記録する
  3. Linuxコマンド【hostname】マシンのホスト名を表示・設定する
  4. fuser - ファイルやソケットを使用しているプロセスを特定 - Linuxコマンド
  5. Linuxコマンド【shutdown】システムを終了する
  6. manコマンドの表示を日本語にする方法
  7. Linuxコマンド【 date 】システムの日付や時刻の表示・設定する
  8. arch - マシンのアーキテクチャを表示 - Linuxコマンド
  9. Linuxコマンド【 sysctl 】カーネルパラメータを設定する
  10. Linuxコマンド【 printenv 】環境変数を表示する

関連記事(一部広告含む)