Linuxコマンド【 script 】端末の操作を記録する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

scriptコマンドは、端末の操作を記録するコマンドです。

scriptコマンド

書式

script [オプション]

scriptを実行してから、exitを実行するまでの端末の操作を記録します。

コマンドの引数にファイルを指定すると操作の記録は指定したファイルに、ファイルの指定がなければ、写しはファイル「typescript」に保存されます。

オプション

-a出力をファイルや写しに追加します。
-f書き込みごとに出力をフラッシュします。
-qメッセージを出力しません。
-t時間を出力します。

使用例

オプションなしでコマンドを実行します。

$ script
スクリプトを開始しました、ファイルは typescript です
$ ls
typescript
$ exit
exit
スクリプトを終了しました、ファイルは typescript です

これで端末の記録は完了です。ファイル「typescript」をみてみると端末の操作が記録されていることがわかります。

$ cat typescript 
スクリプトは 2014年02月05日 11時06分08秒に開始しました
$ ls
typescript
$ exit
exit

スクリプトは 2014年02月05日 11時06分14秒に終了しました

関連コマンド

history

システム の人気記事

  1. Linuxコマンド【 reboot 】システムをすぐに再起動する
  2. Linuxコマンド【 script 】端末の操作を記録する
  3. Linuxコマンド【hostname】マシンのホスト名を表示・設定する
  4. fuser - ファイルやソケットを使用しているプロセスを特定 - Linuxコマンド
  5. Linuxコマンド【shutdown】システムを終了する
  6. manコマンドの表示を日本語にする方法
  7. Linuxコマンド【 date 】システムの日付や時刻の表示・設定する
  8. arch - マシンのアーキテクチャを表示 - Linuxコマンド
  9. Linuxコマンド【 sysctl 】カーネルパラメータを設定する
  10. Linuxコマンド【 printenv 】環境変数を表示する

関連記事(一部広告含む)