今日の人気記事

  1. PuTTYのインストール - PuTTYの使い方
  2. WordPressのインストール(CentOS)
  3. passwd - ユーザーのパスワードを変更 - Linuxコマンド
  4. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  5. nginxでデフォルトのバーチャルホストを設定する方法

who - 現在ログインしているユーザーの情報を表示 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

whoコマンドは、ログインしているユーザーの情報などを表示するコマンドです。

whoコマンド

書式

who [オプション]

ユーザーに関する情報に加え、「現在のランレベル」「システムのログインプロセス」「initによって起動されたアクティブプロセス」なども表示することができます。
cf. » w - ログインしているユーザー名とプロセスを表示

オプション

-a表示できるすべてユーザー情報を表示します。「-b -d --login -p -r -t -T -u」と同じです。
-b最後にシステムが起動した時刻を表示します。
-d終了したプロセスを表示します。
-Hヘッダーを表示します。
-lシステムのログインプロセスを表示します。
-m現在の標準入力に紐付けられた関連づけられたホスト名とユーザー名のみを表示します。
-pinitによって起動されたアクティブプロセスを表示します。
-q現在ログイン中のユーザー名とユーザー数を表示します。
-r現在のランレベルを表示
-t最後にシステムの時刻が変更された時刻を表示します。
-uログイン中のユーザーを一覧を表示します。

使用例

オプションなしでコマンドを実行します。

$ who
root     pts/0        Feb  1 11:43 (example.com)
karuma   pts/1        Feb  1 11:44 (example.com)

コマンドの実行結果にヘッダーを表示します(オプション -H)。

$ who -H
NAME     LINE         TIME         COMMENT
root     pts/0        Feb  1 11:43 (example.com)
karuma   pts/1        Feb  1 11:44 (example.com)

最後にシステムが起動した時刻を表示します(オプション -b)。

$ who -b
         system boot  Jan 20 14:38

関連コマンド

last, lastlog, w

関連記事(一部広告含む)