history - コマンド履歴をリスト表示 - Linuxコマンド

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

historyコマンドは、コマンド履歴をリスト表示するコマンドです。

historyコマンド

書式

history [オプション] [表示するコマンド数]

オプションがない場合には、行番号付きでコマンド履歴を表示します。

オプション

-cコマンド履歴を削除します。
-d 番号指定した番号のコマンド履歴を削除します。
-r履歴ファイルの内容を読み込み、読み込んだ内容をコマンド履歴として用います。
-w現在のコマンド履歴を履歴ファイルに書き込みます(上書き)。

使用例

オプションなしでコマンドを実行すると番号付きでコマンド履歴が表示されます。

$ history
… 中略 …
   25  whois yahoo.co.jp | more
   26  ifuser -v eth0 yahoo.co.jp | more
   27  tracerout google.ocm
   28  tracerout google.com
   29  traceroute google.com
   30  man traceroute
   31  traceroute goooooooooooogle.com
   32  man traceroute
   33  traceroute -6 google.com
   34  man traceroute
   35  traceroute -n google.com
   36  man tcpdump
   37  man tcpdump
   38  tcpdump
   39  exit
   40  tcpdump
… 略 …

表示するコマンドの数を指定します。この例では、過去3回分のコマンドが表示されます。

$ history 3
  117  ls
  118  man history
  119  history 3

コマンド履歴を削除します(オプション -c)。

$ history -c
$ history
    1  history

関連コマンド

alias, script, type, which

システム の人気記事

  1. Linuxコマンド【 reboot 】システムをすぐに再起動する
  2. Linuxコマンド【 script 】端末の操作を記録する
  3. Linuxコマンド【hostname】マシンのホスト名を表示・設定する
  4. fuser - ファイルやソケットを使用しているプロセスを特定 - Linuxコマンド
  5. Linuxコマンド【shutdown】システムを終了する
  6. manコマンドの表示を日本語にする方法
  7. Linuxコマンド【 date 】システムの日付や時刻の表示・設定する
  8. arch - マシンのアーキテクチャを表示 - Linuxコマンド
  9. Linuxコマンド【 sysctl 】カーネルパラメータを設定する
  10. Linuxコマンド【 printenv 】環境変数を表示する

関連記事(一部広告含む)