今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. pwd - 現在の作業ディレクトリを表示 - Linuxコマンド
  3. rsync - 高速なファイル同期(バックアップ) - Linuxコマンド
  4. PuTTYのインストール - PuTTYの使い方
  5. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド

alias - コマンドの別名を登録する - Linuxコマンド

スポンサーリンク

aliasコマンドは、コマンドの別名を登録するコマンドです。

aliasコマンド

書式

alias [名前[=コマンド]]

aliasコマンドでは、コマンドとオプションを別名で登録することができます。語弊を恐れずに言えば、Windowsでいうところのショートカットといったところでしょう。

よく使うコマンドとオプションのセットを別名で登録しておくと便利です。ログインした場合に読み込まれるファイル「~/.bashrc」に記載しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

使用例

オプションなしで実行すると現在登録されている alias の一覧が表示されます。

$ alias
alias l='ls -CF'
alias la='ls -A'
alias ll='ls -l'
alias ls='ls --color=auto'

「~/.bashrc」ファイルのalias部分をみてみましょう。あらかじめ用意されている aliasが表示されます。

$ cat ~/.bashrc | grep alias
# enable color support of ls and also add handy aliases
    alias ls='ls --color=auto'
    #alias dir='dir --color=auto'
    #alias vdir='vdir --color=auto'
    #alias grep='grep --color=auto'
    #alias fgrep='fgrep --color=auto'
    #alias egrep='egrep --color=auto'
# some more ls aliases
alias ll='ls -l'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'

自分用のカスタマイズ・コマンドを作成する場合には、このファイルに記載すれば、OKです。

「.bashrc」ファイルを編集したら、sourceコマンドで設定を反映します。あるいは、一旦ログアウトし、再度ログインすれば、設定が反映されます。

$ source ~/.bashrc

関連コマンド

history, type, which

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)