今日の人気記事

  1. chmod - ファイルモードを変更 - Linuxコマンド
  2. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  3. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド
  4. manコマンドの表示を日本語にする方法
  5. history - コマンド履歴をリスト表示 - Linuxコマンド

env - 環境変数を設定してプログラムを実行 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

envコマンドは、環境変数を設定してプログラムを実行するコマンドです。

envコマンド

書式

env [オプション]
スポンサーリンク

オプション

-0表示する行の終端を改行ではなく値が 0 のバイトにします。
-i環境変数が無い状態でプログラムを実行します。
-u 変数名指定した変数名が環境変数の一覧にある場合は、それを削除します。

使用例

オプションなしでコマンドを実行すると定義されている環境変数が表示されます。

$ env
SHELL=/bin/bash
TERM=xterm-256color
USER=karuma

… 中略 …

MAIL=/var/mail/karuma
PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/games:/usr/games
PWD=/home/karuma
LANG=ja_JP.UTF-8
SHLVL=1
HOME=/home/karuma
LOGNAME=karuma
_=/usr/bin/env

環境変数がない状態で、プログラムを実行します(オプション -i)。

$ env -i env

環境変数を指定して、コマンドを実行します。以下の例では「LANG=C」で、lsコマンドのマニュアルを参照します。

$ env LANG=C man ls

関連コマンド

export, printenv

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)