今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  3. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  4. コマンドリファレンス
  5. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド

nslookup - 対話的にDNSサーバーへ問い合わせ - Linuxコマンド

スポンサーリンク

nslookupコマンドは、ドメイン情報を対話的にDNSサーバーへ問い合わせるコマンドです。

DNSサーバーへ問い合わせて、「ホスト名からIPアドレス(正引き)」、「IPアドレスからホスト名(逆引き)」を調べることができます。nslookupコマンドには非対話モードと対話モードがあり、引数の指定によって使い分けることができます。以下で、使用例を掲示しながらコマンドの使い方を解説します。

nslookupコマンド

非対話モード

非対話モードでは、引数に「IPアドレス」、もしくは「ホスト名」を指定します。DNSサーバーの指定は任意です。指定しない場合は、/etc/resolv.conf に記載されているDNSに問い合わせます。

nslookup IPアドレス/ホスト名 [DNSサーバー]
スポンサーリンク

ホスト名からIPアドレスを検索します。DNSサーバーを指定していないので、/etc/resolv.conf に記載されているDNSに問い合わています。answer:以下が結果になります。

$ nslookup yahoo.com
Server:		aaa.bbb.ccc.ddd
Address:	aaa.bbb.ddd.ddd#53

Non-authoritative answer:
Name:	yahoo.com
Address: 206.190.36.45
Name:	yahoo.com
Address: 98.138.253.109
Name:	yahoo.com
Address: 98.139.183.24

次はDNSサーバーを指定してみましょう。Google Public DNS(8.8.8.8)へ問い合わせて、IPアドレス(98.139.183.24)からホスト名を調べてみます。nameが結果です。

# nslookup 98.139.183.24 8.8.8.8
Server:		8.8.8.8
Address:	8.8.8.8#53

Non-authoritative answer:
24.183.139.98.in-addr.arpa	name = ir2.fp.vip.bf1.yahoo.com.

Authoritative answers can be found from:

対話モード

対話モードでは、引数なし(/etc/resolv.conf に問い合わせ)、もしくは -(ハイフン)とDNSサーバーを指定します。

nslookup
nslookup - DNSサーバー

引数なしでnslookupコマンドを実行します。

$ nslookup
> apple.com ← apple.comを正引き
Server:		aaa.bbb.ccc.ddd
Address:	aaa.bbb.ccc.ddd#53

Non-authoritative answer:
Name:	apple.com
Address: 17.178.96.59
Name:	apple.com
Address: 17.172.224.47
Name:	apple.com
Address: 17.149.160.49
> server 8.8.8.8 ← DNSサーバーをGoogle Public DNSへ変更
Default server: 8.8.8.8
Address: 8.8.8.8#53
> apple.com ← もう一度、apple.comを正引き
Server:		8.8.8.8
Address:	8.8.8.8#53

Non-authoritative answer:
Name:	apple.com
Address: 17.178.96.59
Name:	apple.com
Address: 17.172.224.47
Name:	apple.com
Address: 17.149.160.49
> exit ← 問い合わせ終了

関連コマンド

dig, host, whois

スポンサーリンク

関連記事と広告