Linuxコマンド【 usermod 】ユーザーアカウント情報を変更する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

usermodコマンドは、既に作成済みのユーザーアカウントの情報を変更するコマンドです。

usermodコマンド

書式

usermod [オプション] ユーザー名

新規にユーザーを作成する場合は「useraddコマンド」を、ユーザーアカウントと関連ファイルを削除する場合は「userdelコマンド」を使います。

オプション

-c コメント変更するコメントを指定します。
-d ディレクトリ変更するユーザーのホームディレクトリを指定します。
-e 日付ユーザーアカウントが使用できなくなる日付を指定します。
-f 日数ユーザーのパスワードの期限が切れてからユーザーが使用不能になるまでの日数を指定します。-1を指定するとこの機能が無効になります。
-g グループ所属するグループを指定します。
-G グループ所属するグループ名を指定します。カンマで区切り複数指定可能です。
-l ログイン名変更するログイン名を指定します。
-p パスワード変更するパスワードを指定します。
-s シェルログインシェルを指定します。指定しない場合はシステムのデフォルトシェルを選択します。
-u ユーザーIDユーザーIDを指定します。
-Lユーザーアカウントのパスワードをロックします。
-Uユーザーアカウントのパスワードのロックを解除します。

使用例

ユーザーアカウントのコメント(オプション -c)とシェル(オプション -s)を変更します。

# usermod -c "Hello, Linux" -s /bin/zsh karuma

変更されているかどうかを確認するために /etc/passwd ファイルをみてみましょう。grepコマンドの詳細はこちら。

# cat /etc/passwd | grep karuma
karuma:x:501:501:Hello, Linux:/home/karuma:/bin/zsh

ユーザーアカウント(karuma)のパスワードをロックします(オプション -L)。/etc/shadow の暗号化されたパスワード部分の先頭に「!」が付き、パスワードが無効になります。

# usermod -L karuma
# cat /etc/shadow | grep karuma
karuma:!$6$Oe1cToN:0:99999:7:::

ユーザーアカウント(karuma)のパスワードロックを解除します(オプション -U)。/etc/shadow の暗号化されたパスワード部分の先頭にある「!」が取り除かれ、パスワードが有効になります。

# usermod -L karuma
# cat /etc/shadow | grep karuma
karuma:$6$Oe1cToN:0:99999:7:::

関連コマンド

groupmod, useradd, userdel, users

ユーザー の人気記事

  1. Linuxコマンド【 passwd 】ユーザーのパスワードを変更する
  2. Linuxコマンド【 su 】ユーザーを変更する
  3. Linuxコマンド【 groups 】ユーザーの所属グループを表示する
  4. Linuxコマンド【 getent 】ユーザーやグループの一覧を表示する
  5. コマンドリファレンス
  6. Linuxコマンド【whoami】現在のユーザー名を表示する
  7. Linuxコマンド【 chage 】ユーザーのパスワード有効期限を表示・変更する
  8. manコマンドの表示を日本語にする方法
  9. Linuxコマンド【 useradd 】新規ユーザーの作成
  10. Linuxコマンド【 adduser 】新しいユーザーアカウントを対話的に作成する

関連記事(一部広告含む)