bg - サスペンドされているジョブをバックグラウンドで実行再開 - Linuxコマンド

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

bgコマンドは、サスペンド(停止)されているジョブをバックグラウンドで実行再開するコマンドです。

bgコマンド

書式

bg [ジョブ]

ジョブを実行する際にコマンドの最後に「&」を付けるとそのジョブはバックグラウンドで実行され、「&」を付けないとフォアグラウンドでジョブが実行されます。

普通は「&」を付けずにジョブを実行しますが、あらかじめそのジョブの実行に時間がかかることが分かっている場合は「&」をつけます。

フォアグラウンドでジョブを実行してるんだけど、他のジョブを実行したい、あるいは、思ったより時間がかかるのでバックグランドにまわしたい!そんな場合に、bgコマンドは便利です。

それでは実際に見てみてみましょう。

使用例

まず、あるシェルスクリプト(hoge.sh)を[Ctrl + Z]キーで、サスペンドします。

$ sh hoge.sh ← [Ctrl + Z] でジョブをサスペンド
[1]+  停止                  sh hoge.sh

サスペンドしたジョブをバックグランドで実行再開します。

$ bg 1 ← サスペンドされているジョブをバックグランドで実行再開
[1]+ sh hoge.sh &

サスペンドされているジョブをフォアグラウンドで実行再開する場合は「fgコマンド」を使います。

関連コマンド

fc, fg, jobs

プロセス の人気記事

  1. Linuxコマンド【 sleep 】指定した時間だけ処理を遅延する
  2. Linuxコマンド【 chkconfig 】サービスの自動起動を設定する
  3. コマンドリファレンス
  4. Linuxコマンド【 pstree 】プロセスをツリー表示する
  5. manコマンドの表示を日本語にする方法
  6. Linuxコマンド【 jobs 】アクティブなジョブをリスト表示する
  7. pgrep - プロセス名や属性を指定してプロセスIDを表示 - Linuxコマンド
  8. Linuxコマンド【 nice 】プログラムを実行する優先度を変更する
  9. Linuxコマンド【 crontab 】cronを設定する
  10. Linuxコマンド【 ps 】現在実行されているプロセスを表示する

関連記事(一部広告含む)