今日の人気記事

まだデータがありません。

fc - コマンドを再実行・コマンド履歴をリスト表示 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

fcコマンドは、コマンドを再実行、あるいはコマンド履歴をリスト表示するコマンドです。

fcコマンド

書式

fc [オプション] [first] [last]

first から last で指定した範囲のコマンド履歴を表示します。lastを指定しない(firstのみ指定)場合、lastには現在のコマンドが指定されます。

スポンサーリンク

オプション

-e エディタ起動するエディタを指定します。このオプションを指定しない場合は、変数FCEDITに指定されたエディタが起動します。
-lコマンドの履歴を標準出力に表示します。
-nコマンドの番号を表示せずに、コマンドの履歴を表示します。
-rコマンドの履歴を逆順表示します。

使用例

まず、コマンドの再実行をみていきます。

オプションなしでコマンドを実行すると、ひとつ前に実行したコマンドが変数FCEDITに指定されたエディタで起動します。それを適当なコマンドに編集・保存すると編集したコマンドが実行されます。

$ fc

次はコマンド履歴をリスト表示してみましょう(オプション -l)。すると最近実行したコマンドが16個表示されます。「$ fc -l -16」と同じです。

# fc -l
29	 cd /var/www/
30	 ls
31	 cp about.php about.php.131029 
32	 emacs about.php
33	 emacs register.php 
34	 su -
35	 yum update
36	 cd /var/www/
37	 ls
38	 cd cron/
39	 ls
40	 emacs rss2db.php
41	 cp rss2db.php rss2db.php.131107
42	 emacs rss2db.php
43	 yum update
44	 yum update

コマンドの番号を指定することもできます。

$ fc -l 34 39
34	 su -
35	 yum update
36	 cd /var/www/
37	 ls
38	 cd cron/
39	 ls

コマンドの番号を省略します(オプション -n)。

$ fc -ln
	 cp about.php about.php.131029 
	 emacs about.php
	 emacs register.php 
	 su -
	 yum update

関連コマンド

bg, fg, jobs

スポンサーリンク

関連記事と広告