今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. cp - ファイル・ディレクトリをコピー - Linuxコマンド
  4. ssh-keygen - 認証用の鍵を生成 - Linuxコマンド
  5. su - ユーザーを変更する - Linuxコマンド

mv - ファイルを移動・ファイル名を変更 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

mvコマンドは、ファイルやディレクトリを移動、ファイル名・ディレクトリ名を変更するコマンドです。

mvコマンド

書式

mv [オプション] 移動元 移動先

指定した「移動元」から「移動先」にファイルやディレクトリを移動します。

cf. » cpコマンド - ファイル・ディレクトリをコピー

オプション

-b移動先に同一名のファイルがある場合は、名前の末尾にチルダ「~」をつけてバックアップをとります。
-f移動先に同一名のファイルやディレクトリがある場合も、強制的に上書きします。
-i移動先に同一名のファイルやディレクトリがある場合は、上書きするかどうかを問い合わせます。
-n移動先に同一名のファイルやディレクトリがある場合は、上書きしません。
-v移動前、移動先のファイルやディレクトリ名を表示します。

使用例

移動先に同一ファイル名がある場合は、バックアップをとります(オプション -b)。

$ ls
source.txt  target.txt
$ mv -b source.txt target.txt 
$ ls
target.txt  target.txt~

移動先に同一ファイル名がある場合は、上書きするかどうかを問い合わせます(オプション -i)。

$ mv -i source.txt target.txt 
mv: `target.txt' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? 

移動前、移動先のファイル名を表示します。(オプション -v)。

$ mv -v source.txt target.txt 
`source.txt' -> `target.txt'

関連コマンド

cp, rm

関連記事(一部広告含む)