Linuxコマンド【 cp 】ファイル・ディレクトリをコピーする

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

cpコマンドは、ファイル・ディレクトリをコピーするコマンドです。

cpコマンド

書式

cp [オプション] コピー元 コピー先

指定した「コピー元」のファイルやディレクトリを「コピー先」へコピーします。

cf. » mvコマンド - ファイルを移動・ファイル名を変更

オプション

-aファイルの構成・属性(オーナー・グループ・パーミッション・タイムスタンプ)を保持してコピーします。
-bコピー先に同一名のファイルがある場合は、名前の末尾にチルダ「~」をつけてバックアップをとります。
-iコピー先に同名のファイルがある場合は、上書きするかどうかを問い合わせます。
-pオーナー・グループ・パーミッション・タイムスタンプを保持してコピーします。
-r, -Rディレクトリを再帰的にコピーします。
-sコピー先にシンボリックリンクを作成します。コピーはしません。
-uコピー先に同一名のファイルがある場合、更新日時を比較してコピー元よりもコピー先が新しい場合はコピーをしません。

使用例

コピー先に同一ファイル名がある場合は、バックアップをとります(オプション -b)。

$ ls
source.txt  target.txt
$ cp -b source.txt target.txt 
$ ls
source.txt  target.txt  target.txt~

複数のファイル(file1、file2、file3、file4)をディレクトリ(dir1)にコピーします。

$ cp file1 file2 file3 file4 dir1

コピー先に同一ファイル名がある場合は、上書きするかどうかを問い合わせます(オプション -i)。

$ cp -i source.txt target.txt 
cp: `target.txt' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? 

ディレクトリ「dir1」をディレクトリ「/tmp/bkup」にコピーします(オプション -r)。

$ cp -r dir1 /tmp/bkup

関連コマンド

mv, rm

ファイル/ディレクトリ の人気記事

  1. Linuxコマンド【 chown 】ファイルの所有者やグループを変更する
  2. Linuxコマンド【 gzip 】ファイルを圧縮・展開する
  3. Linuxコマンド【 zip 】ファイルを圧縮する
  4. Linuxコマンド【 rsync 】高速にファイルを同期・転送する(バックアップ)
  5. Linuxコマンド【 tar 】アーカイブを作成・展開する
  6. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  7. gunzip - アーカイブを展開 - Linuxコマンド
  8. Linuxコマンド【 chmod 】ファイルモードを変更する
  9. Linuxコマンド【 du 】ファイルのディスク使用量を表示する
  10. mount - ファイルシステムをマウントする - Linuxコマンド

関連記事(一部広告含む)