今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド
  3. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  4. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  5. コマンドの実行結果・標準出力をファイルに保存

shred - ファイルを完全に削除 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

shredコマンドは、ある特別なパターンでファイルを複数回上書きし、データが復旧できないように完全に削除します。

shredコマンド

書式

shred [オプション] ファイル

オプション

-f(必要であれば)パーミションを変えて、コマンドを実行します。
-n上書きする回数を指定します。デフォルトは、3回です。
-s バイト指定したバイト数にファイルをシュレッド(寸断)します。
-u上書き後にファイルを削除します。
-vコマンド実行の詳細を表示します。
-zファイルの上書き後、ゼロでファイルを上書きします。

使用例

まずは、オプションなしでコマンドを実行してみましょう。「Hello, World」という文字列が記載されたファイル(hello.txt)にshredコマンドを実行すると、訳の分からない文字列によって上書きされます。

$ more hello.txt 
Hello, World!
$ shred hello.txt
$ more hello.txt
^S????y??J%????T\Ĩ?g$????]CI?|???
… 略 …

上書きする回数を指定します(オプション -n)。

$ shred -n 10 hello.txt

ファイルが不要な場合は、上書き後に削除します(オプション -u)。

$ shred -u shred.txt

コマンド実行の詳細を表示します(オプション -v)。

$ shred -v hello.txt 
shred: hello.txt: 経過 1/3 (random)...
shred: hello.txt: 経過 2/3 (random)...
shred: hello.txt: 経過 3/3 (random)...

関連記事(一部広告含む)