Linuxコマンド【 tar 】アーカイブを作成・展開する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

tarコマンドは、アーカイブの作成・展開するコマンドです。

tarコマンド

書式

tar [オプション] アーカイブ

tarコマンドを実行する場合、オプション -Acdtrux、-deleteのどれかを必ず否定する必要があります。

必須オプション

-Aアーカイブにファイルを追加します。
-c新しくアーカイブを作成します。
-dアーカイブとファイルの差分を表示します。
-deleteアーカイブからファイルを削除します。
-rアーカイブの最後にファイルを追加します。
-tアーカイブ内のファイル一覧を表示します。
-uアーカイブ内のファイルより新しいファイルのみ追加します。
-xアーカイブを展開します。

オプション

-fアーカイブファイルを指定します。
-jbzip2形式にアーカイブを圧縮・展開します。
-v作成・展開するアーカイブのファイルリストを表示します。
-zgzip形式にアーカイブを圧縮・展開します。
-Zcompress形式にアーカイブを圧縮・展開します。

使用例

複数のファイル(file1、file2)からアーカイブファイル(archive.tar)を作成します(オプション -cf)。

$ ls
file1  file2
$ tar -cf archive.tar file1 file2
$ ls
archive.tar  file1  file2

アーカイブファイル(arichive.tar)を展開します(-xf)。

$ ls
archive.tar
$ tar -xf archive.tar 
$ ls
archive.tar  file1  file2

アーカイブファイル(archive.tar)内のファイル一覧を表示します。(-tf)。

$ tar -tf archive.tar 
file1
file2

ディレクトリ(dir)ごとgzip形式のアーカイブファイル(archive.tar.gz)に圧縮します。

$ tar cfvz archive.tar.gz dir/
dir/
dir/file2
dir/file1
$ ls
archive.tar.gz  dir

gzip形式で圧縮されたアーカイブファイル(archive.tar.gz)を展開します。

$ tar xfvz archive.tar.gz
dir/
dir/file2
dir/file1

ファイル/ディレクトリ の人気記事

  1. Linuxコマンド【 chown 】ファイルの所有者やグループを変更する
  2. Linuxコマンド【 rsync 】高速にファイルを同期・転送する(バックアップ)
  3. Linuxコマンド【 gzip 】ファイルを圧縮・展開する
  4. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  5. Linuxコマンド【 diff 】2つのファイルの差分を出力する
  6. Linuxコマンド【 zip 】ファイルを圧縮する
  7. cksum - ファイルのCRCチェックサムとサイズを表示 - Linuxコマンド
  8. Linuxコマンド【 ls 】ファイルとディレクトリのリストを表示する
  9. Linuxコマンド【 mkdir 】ディレクトリを作成する
  10. コマンドリファレンス

関連記事(一部広告含む)