Linuxコマンド【 rmdir 】空のディレクトリを削除する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

rmdirコマンドは、空のディレクトリを削除するコマンドです。

rmdirコマンド

書式

dir [オプション] ディレクトリ名

cf. » rm - ファイル・ディレクトリを削除

オプション

--ignore-fail-on-non-empty空ではないディレクトリを削除した際のエラーを無視します。
-p指定したディレクトリの下層にディレクトリが存在する場合はそのディレクトリも削除します。

使用例

空のディレクトリ(dir)を削除します。適切に削除されたかどうかを「lsコマンド」で確認しています。

$ ls -F
dir/
$ rmdir dir
$ ls -F

空ではないディレクトリ(dir1)を削除しようとするとエラーが表示され、削除は行われません。

$ rmdir dir1
rmdir: failed to remove ‘dir1’: Directory not empty

関連コマンド

mkdir, rm, shred, umask

Linuxコマンドリファレンス

ファイル/ディレクトリ の人気記事

  1. Linuxコマンド【 chown 】ファイルの所有者やグループを変更する
  2. Linuxコマンド【 gzip 】ファイルを圧縮・展開する
  3. Linuxコマンド【 zip 】ファイルを圧縮する
  4. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  5. Linuxコマンド【 ls 】ファイルとディレクトリのリストを表示する
  6. Linuxコマンド【 rsync 】高速にファイルを同期・転送する(バックアップ)
  7. Linuxコマンド【 du 】ファイルのディスク使用量を表示する
  8. Linuxコマンド【 chmod 】ファイルモードを変更する
  9. コマンドリファレンス
  10. Linuxコマンド【 tar 】アーカイブを作成・展開する

関連記事(一部広告含む)