今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  3. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  4. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  5. su - ユーザーを変更する - Linuxコマンド

sysctl - カーネルパラメータを設定 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

sysctlコマンドは、サーバー稼働中にカーネルパラメータを設定・変更するコマンドです。

sysctl

書式

sysctl [オプション]

sysctlは、ディレクトリ /proc/sys/ 以下にリストされているカーネルパラメータを修正するのに用います。

オプション

-a利用できるすべての値を表示します。
-A利用できるすべての値をテーブルで表示します。
-n値だけ表示します。キー名は表示しません。
-Nキー名のみ表示します。
-p ファイル指定したファイルを読み込み、パラメータを変更します。ファイルを指定しない場合は「/etc/sysctl.conf」を読み込みます。
-q値のセットを標準出力に表示しない。
-w 変数=パラメータ指定した変数を指定したパラメータに変更します。

使用例

利用できるすべての値を表示します(オプション -a)。

# sysctl -a
kernel.sched_child_runs_first = 0
kernel.sched_min_granularity_ns = 1500000
kernel.sched_latency_ns = 12000000
kernel.sched_wakeup_granularity_ns = 2000000
kernel.sched_tunable_scaling = 1
kernel.sched_migration_cost = 500000
kernel.sched_nr_migrate = 32
kernel.sched_time_avg = 1000
kernel.sched_shares_window = 10000000
kernel.timer_migration = 1
kernel.sched_rt_period_us = 1000000
kernel.sched_rt_runtime_us = 950000
kernel.sched_autogroup_enabled = 0
… 略 …

関連記事(一部広告含む)