今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  4. head - ファイルの先頭数行を表示 - Linuxコマンド
  5. コマンドの実行結果・標準出力をファイルに保存

lspci - PCIデバイスを表示する - Linuxコマンド

スポンサーリンク

lspciコマンドは、PCIデバイスを表示するコマンドです。

lspci

書式

lspci [オプション]

システムのPCI(Peripheral Component Interconnect)バスに接続されているデバイス情報を表示するコマンドです。デフォルトではファイル(/usr/share/pci.ids)をPCI IDデータベースとして使用します。

オプション

-bカードとPCIバスから見えるIRQとアドレスを表示します。
-i ファイル指定したファイルをPCI IDデータベースとして使用します。
-nPCIのベンダーとデバイスコードを表示します。
-tバスブリッジデバイスをツリー構造で表示します。
-vデバイスの詳細情報を表示します。
-vvオプション -v より、さらに詳細情報を表示します。

使用例

オプションなしで、lspciコマンドを実行します。

$ lspci 
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation 440FX - 82441FX PMC [Natoma] (rev 02)
00:01.0 ISA bridge: Intel Corporation 82371SB PIIX3 ISA [Natoma/Triton II]
00:01.1 IDE interface: Intel Corporation 82371SB PIIX3 IDE [Natoma/Triton II]
00:01.2 USB controller: Intel Corporation 82371SB PIIX3 USB [Natoma/Triton II] (rev 01)
00:01.3 Bridge: Intel Corporation 82371AB/EB/MB PIIX4 ACPI (rev 03)
00:02.0 VGA compatible controller: Device 1234:1111
00:03.0 Ethernet controller: Red Hat, Inc Virtio network device
00:04.0 SCSI storage controller: Red Hat, Inc Virtio block device
00:05.0 RAM memory: Red Hat, Inc Virtio memory balloon
00:06.0 Ethernet controller: Red Hat, Inc Virtio network device
00:07.0 Ethernet controller: Red Hat, Inc Virtio network device

PCIデバイスの詳細情報を表示します(オプション -v)。詳細情報なので、表示される結果はやたらと長くなります。オプション -vv を用いるとより詳細な(長い)情報が表示され舞うs。

$ lspci -v | more
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation 440FX - PMC [Natoma] (rev 02)
	Subsystem: Red Hat, Inc Qemu virtual machine
	Flags: fast devsel

00:01.0 ISA bridge: Intel Corporation ISA [Natoma/Triton II]
	Subsystem: Red Hat, Inc Qemu virtual machine
	Physical Slot: 1
	Flags: bus master, medium devsel, latency 0
… 略 …

関連記事(一部広告含む)