Linuxコマンド【 factor 】素因数分解を実行する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

factorコマンドは指定した数値の素因数分解を実行するコマンドです。

factor

書式

factor [数値]

指定できる数値は正の整数のみです。負の整数を指定するとエラーが表示され、正しく動作しません。

素因数分解とは、数値(正の整数)を素数の積で表示することを言います。

使用例

数値を指定して素因数分解してみましょう。ここでは「12」を指定しました。結果は「2」「2」「3」という素数で表示され、当然これらを掛けると「12」になります。適切に素因数分解されていますね。

$ factor 12
12: 2 2 3

上述したように負の整数(ここでは「-10」)を入力すると、正しく動作しません。

$ factor -10
factor: 無効なオプション -- '1'
詳しくは `factor --help' を実行して下さい。

こんなに大きな数値を指定しても、瞬時に素因数分解してくれます。

$ factor 12971294879127498172
12971294879127498172: 2 2 7 7 103 131 49711 98665709

システム の人気記事

  1. Linuxコマンド【hostname】マシンのホスト名を表示・設定する
  2. Linuxコマンド【 ldd 】共有ライブラリへの依存関係を表示する
  3. Linuxコマンド【shutdown】システムを終了する
  4. コマンドリファレンス
  5. init - プロセス制御・ランレベルの変更 - Linuxコマンド
  6. Linuxコマンド【 reboot 】システムをすぐに再起動する
  7. Linuxコマンド【 export 】環境変数を定義・リスト表示する
  8. Linuxコマンド【 sysctl 】カーネルパラメータを設定する
  9. Linuxコマンド【 bc 】シェルで数値計算を実行する
  10. manコマンドの表示を日本語にする方法

関連記事(一部広告含む)