Linuxコマンド【 clockdiff 】指定したホストとの時刻の差を表示する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

clockdiffコマンドは指定したホストとの時刻の差を表示するコマンドです。

clockdiff

書式

clockdiff [オプション] ホスト名

指定したホストとローカルホスト間の時刻の差を1ミリ秒(1msec)単位で細かく時刻の差を表示してくれます。IP TIMESTAMP、あるいはICMP ECHOを加えたIP TIMESTAMPで時刻の差を算出します。実行にはroot権限が必要です。

オプション

-oIP TIMESTAMPの代わりにICMP ECHOを加えたIP TIMESTAMPを使います。

使用例

ホスト名(ここでは「yahoo.co.jp」)を指定してclockdiffコマンドを実行します。deltaが時刻の差になります。この例では120秒(2分)も時刻の差があることがわかります。

# clockdiff yahoo.co.jp
..................................................
host=yahoo.co.jp rtt=18(0)ms/17ms delta=120639ms/120640ms Sat Mar 29 10:03:11 2014

rtt(Round trip Delay Time)は、送信したメッセージが戻ってくるまでの時間です。

システム の人気記事

  1. Linuxコマンド【 reboot 】システムをすぐに再起動する
  2. Linuxコマンド【 script 】端末の操作を記録する
  3. Linuxコマンド【hostname】マシンのホスト名を表示・設定する
  4. fuser - ファイルやソケットを使用しているプロセスを特定 - Linuxコマンド
  5. Linuxコマンド【shutdown】システムを終了する
  6. manコマンドの表示を日本語にする方法
  7. Linuxコマンド【 date 】システムの日付や時刻の表示・設定する
  8. arch - マシンのアーキテクチャを表示 - Linuxコマンド
  9. Linuxコマンド【 sysctl 】カーネルパラメータを設定する
  10. Linuxコマンド【 printenv 】環境変数を表示する

関連記事(一部広告含む)