Linuxコマンド【 chkconfig 】サービスの自動起動を設定する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

chkconfigコマンドは、サービス自動起動を設定するコマンドです。

chkconfigコマンド

書式

chkconfig [オプション]

ランレベルに応じて、サービス(デーモン)の自動的に起動・停止を操作します。

オプション

-a サービス指定したサービスを追加します。
-d サービス指定したサービスを削除します。
-lサービス自動起動の設定をリスト表示します。
-t サービス現在のランレベルでのサービス自動起動のon/offを表示します。

使用例

オプションなしでchkconfigコマンドを実行すると、現在のランレベルでの サービス自動起動の設定 on/off が確認できます。

# chkconfig 
acpid                   on
apache2                 on
atd                     on
bootlogs                on
bootmisc.sh             on
checkfs.sh              on
… 略 …

chkconfigコマンドを使って、サービスの自動起動 on/off をリスト表示します(オプション -l)。

# chkconfig -l
acpid                     0:off  1:off  2:on   3:on   4:on   5:on   6:off
apache2                   0:off  1:off  2:on   3:on   4:on   5:on   6:off
atd                       0:off  1:off  2:on   3:on   4:on   5:on   6:off
bootlogs                  0:off  1:on   2:on   3:on   4:on   5:on   6:off
bootmisc.sh               0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6:off  S:on 
checkfs.sh                0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6:off  S:on 
checkroot-bootclean.sh    0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6:off  S:on 
checkroot.sh              0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6:off  S:on 
console-setup             0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6:off  S:on 
cron                      0:off  1:off  2:on   3:on   4:on   5:on   6:off
… 略 …

サービス「apache2」を現在のランレベルで自動起動するように設定します。

# chkconfig apache2 on

サービス「apache2」を現在のランレベルで自動起動を停止します。

# chkconfig apache2 off

サービス「apache2」をランレベル3と4で自動起動するように設定します。

# chkconfig apache2 34

関連コマンド

nice, renice

プロセス の人気記事

  1. Linuxコマンド【 sleep 】指定した時間だけ処理を遅延する
  2. コマンドリファレンス
  3. Linuxコマンド【 chkconfig 】サービスの自動起動を設定する
  4. Linuxコマンド【 pstree 】プロセスをツリー表示する
  5. Linuxコマンド【 crontab 】cronを設定する
  6. Linuxコマンド【 nice 】プログラムを実行する優先度を変更する
  7. Linuxコマンド【 jobs 】アクティブなジョブをリスト表示する
  8. manコマンドの表示を日本語にする方法
  9. Linuxコマンド【 pgrep 】プロセス名や属性を指定してプロセスIDを表示する

関連記事(一部広告含む)