今日の人気記事

  1. PuTTYのインストール - PuTTYの使い方
  2. zip - ファイルを圧縮 - Linuxコマンド
  3. Tera Termマクロ - パスワード認証のSSH自動ログイン
  4. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  5. Tera Termマクロ - 公開鍵認証のSSH自動ログイン

renice - 実行しているプロセスの優先度を変更 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

reniceコマンドは、実行しているプロセスの優先度を変更するコマンドです。

reniceコマンド

書式

renice [オプション] 優先度

優先度(nice値)は -20〜19の数値で、-20がもっとも優先度が高く 19がもっとも低い優先度になります。デフォルトの nice値 0で動作しており、システムに関わる重要なプロセスは優先度が高くなっています。rootユーザーだけが優先度を高く(nice値を小さく)することができます。

プログラムを実行する優先度を指定する場合は「niceコマンド」を使います。

オプション

-g グループ名優先度を変更するグループのグループ名を指定します。
-p プロセスID優先度を変更するプロセスIDを指定します。
-u ユーザー名優先度を変更するユーザーのユーザー名を指定します。

使用例

プロセスID[4654]のnice値を「topコマンド」を使って、確認します。nice値は「0」ですね。

$ top p 4654
PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S  %CPU %MEM    TIME+  COMMAND                               
4654 karuma    20   0  4176  576  488 S   0.0  0.1   0:00.00 sh                                    

nice値を[17]に変更します。

$ renice 17 -p 4654
4654 (process ID) old priority 0, new priority 17

topコマンド」を使って、nice値を確認します。nice値が「17」に変更されていることがわかります。

$ top p 4654
PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S  %CPU %MEM    TIME+  COMMAND                               
654 karuma    37  17  4176  576  488 S   0.0  0.1   0:00.00 sh

関連コマンド

chkconfig, nice

関連記事(一部広告含む)