Linuxコマンド【 renice 】実行しているプロセスの優先度を変更する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

reniceコマンドは、実行しているプロセスの優先度を変更するコマンドです。

reniceコマンド

書式

renice [オプション] 優先度

優先度(nice値)は -20〜19の数値で、-20がもっとも優先度が高く 19がもっとも低い優先度になります。デフォルトの nice値 0で動作しており、システムに関わる重要なプロセスは優先度が高くなっています。rootユーザーだけが優先度を高く(nice値を小さく)することができます。

プログラムを実行する優先度を指定する場合は「niceコマンド」を使います。

オプション

-g グループ名優先度を変更するグループのグループ名を指定します。
-p プロセスID優先度を変更するプロセスIDを指定します。
-u ユーザー名優先度を変更するユーザーのユーザー名を指定します。

使用例

プロセスID[4654]のnice値を「topコマンド」を使って、確認します。nice値は「0」ですね。

$ top p 4654
PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S  %CPU %MEM    TIME+  COMMAND                               
4654 karuma    20   0  4176  576  488 S   0.0  0.1   0:00.00 sh                                    

nice値を[17]に変更します。

$ renice 17 -p 4654
4654 (process ID) old priority 0, new priority 17

topコマンド」を使って、nice値を確認します。nice値が「17」に変更されていることがわかります。

$ top p 4654
PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S  %CPU %MEM    TIME+  COMMAND                               
654 karuma    37  17  4176  576  488 S   0.0  0.1   0:00.00 sh

関連コマンド

chkconfig, nice

プロセス の人気記事

  1. Linuxコマンド【 sleep 】指定した時間だけ処理を遅延する
  2. Linuxコマンド【 crontab 】cronを設定する
  3. Linuxコマンド【 jobs 】アクティブなジョブをリスト表示する
  4. コマンドリファレンス
  5. Linuxコマンド【 nice 】プログラムを実行する優先度を変更する
  6. manコマンドの表示を日本語にする方法
  7. Linuxコマンド【 chkconfig 】サービスの自動起動を設定する
  8. Linuxコマンド【 ps 】現在実行されているプロセスを表示する
  9. Linuxコマンド【 pstree 】プロセスをツリー表示する
  10. pgrep - プロセス名や属性を指定してプロセスIDを表示 - Linuxコマンド

関連記事(一部広告含む)