今日の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Linux環境
  3. 乱数 - 1〜10のランダムな数値を出力する
  4. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  5. サンプルプログラム集

LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

LinuxでC言語プログラムを作成するためにコンパイラ(gcc)のインストールしていきます。

Linuxにはさまざまなディストリビューションがあります。ここでは、それら中でも人気の高いDebian、Ubuntu、CentOSにコンパイラ(gcc)をインストールする方法を解説します。

コンパイラ(gcc)のインストール

それでは gcc をインストールしていきます。

Debian

Debianでは、apt-getコマンドを使ってgccをインストールします。

# apt-get install gcc

Ubuntu

UbuntuはDebianベースのディストリビューションなので、Debianと同じようにa apt-getコマンドを使います。ただ、Ubuntuにはrootユーザーという概念がないので、sudoコマンドでインストールしていきます。

$ sudo apt-get install gcc

CentOS

CentOSでは、yumコマンドを使ってgccをインストールします。

# yum install gcc

以上で、コンパイラ(gcc)のインストールは完了です。次は実際にC言語のプログラムコンパイルして、実行してみましょう。どのディストリビューションでも、コンパイルとプログラム実行方法は同じです。

gccでコンパイル

viやEmacsなどのテキストエディタを使って、以下のプログラムをhello.cというファイル名で作成します。

#include<stdio.h>
int main() {
  printf("Hello, World\n");
  return 0;
}

hello.cをコンパイルします。

$ gcc hello.c 

エラーが表示されなければ、OKです。

実行します。

$ ./a.out 
Hello, World

無事に実行できましたね。以上、「コンパイラ(gcc)のインストール」でした~。

環境の構築 の人気記事

  1. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  4. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  5. Microsoft Visual Studio 2012 Expressのダウンロードとインストール
  6. MinGW - パッケージのアップグレード

関連記事(一部広告含む)