今日の人気記事

  1. 配列の要素を出力(表示)する
  2. printf関数の変換指定子
  3. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  4. 入力した2つの数値を交換する
  5. 変数の値を出力 - printf 関数

MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

Windows環境にインストールした「MinGW」を使って、簡単なプログラムをコンパイル・実行する方法をみていきます。

MinGW - コンパイルと実行

それではコンパイルと実行方法をみていきます。


エクスプローラーを起動し


プログラムを作成するフォルダーへ移動します。

※ ここでは次のフォルダーへ移動しています。

C:¥Users¥karuma


上部メニュー「表示」をクリックし


「ファイル名拡張子」にチェックを入れましょう。


「hello.c」というファイルを作成し


ファイルを次のように編集しましょう。

#include<stdio.h>

int main() {

  printf("Hello, World\n");
  return 0;

}

「Hello, World!」という文字列を出力するプログラムです。

コンパイル

作成したプログラムをコンパイルします


タスクバーのフォームに「cmd」と入力し

コマンドプロンプトを起動しましょう。


コマンドプロンプトです。


gccコマンドを実行します。

> gcc hello.c


すると、コンパイルが実行され「a.exe」という実行ファイルが作成されます。


コマンドプロンプトで、「a.exe」を実行します。

> a.exe
Hello, World

このように「Hello, World」という文字列が出力されます。これでOKです。

環境の構築 の人気記事

  1. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  2. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  3. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  4. Microsoft Visual Studio 2012 Expressのダウンロードとインストール
  5. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  6. MacでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール - Xcode - Command Line Tools
  7. macOS - gccのエラー対処(invalid active developer path)

関連記事(一部広告含む)