今日の人気記事

  1. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Mac環境
  2. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  3. 配列の要素を出力(表示)
  4. 配列に格納した数値を昇順ソート
  5. 入力した2つの自然数の最大公約数を求める

数値の桁揃え

スポンサーリンク

C言語で、数値の桁を揃える方法を紹介します。

数値の桁揃え - 整数

それでは数値(整数)の桁数を合わせる方法をみていきます。

まずは何もしていない普通の数値表示をみてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  printf("%d\n", 1);
  printf("%d\n", 12);
  printf("%d\n", 123);
  printf("%d\n", 1234);

  return 0;
}

実行結果です。

1
12
123
1234

このように数値が左寄せになります。

スポンサーリンク

次は数値の桁数を合わせるために「最小フィールド幅」を指定します。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  printf("%4d\n", 1);
  printf("%4d\n", 12);
  printf("%4d\n", 123);
  printf("%4d\n", 1234);

  return 0;
}

実行結果です。

   1
  12
 123
1234

ここでは変数変換子を「%4d」と指定したので、最小フィールド幅が「4」です。桁数が足りない場合は空白(半角スペース)で埋められます。

次は桁数を合わせに「0」埋めを指定します。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  printf("%04d\n", 1);
  printf("%04d\n", 12);
  printf("%04d\n", 123);
  printf("%04d\n", 1234);

  return 0;
}

実行結果です。

0001
0012
0123
1234

変数変換子を「%04d」と指定したので、桁数が足りない場合はゼロ「0」で埋められます。

数値の桁揃え - 実数

次は数値(実数)の桁数を合わせる方法をみていきます。

まずは普通に実数を表示してみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  printf("%f\n", 1.23456);
  printf("%f\n", 12.2356);
  printf("%f\n", 123.456);
  printf("%f\n", 1234.56);
}

実行結果です。

1.234560
12.235600
123.456000
1234.560000

このように左揃えで表示されます。

次は「最小フィールド幅.精度」を指定します。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  printf("%8.3f\n", 1.23456);
  printf("%8.3f\n", 12.2356);
  printf("%8.3f\n", 123.456);
  printf("%8.3f\n", 1234.56);
}

実行結果です。

   1.235
  12.236
 123.456
1234.560

ここでは変数変換子を「%8.3f」と指定したので、最小フィールド幅「8」、精度(小数点以下の桁数)「3」です。桁数が足りない場合は空白(半角スペース)で埋められます。

次は桁数を合わせに「0」埋めを指定します。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  printf("%08.3f\n", 1.23456);
  printf("%08.3f\n", 12.2356);
  printf("%08.3f\n", 123.456);
  printf("%08.3f\n", 1234.56);
}

実行結果です。

0001.235
0012.236
0123.456
1234.560

変数変換子を「%08.3f」と指定したので、桁数が足りない場合はゼロ「0」で埋められます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)