今日の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Linux環境
  3. 乱数 - 1〜10のランダムな数値を出力する
  4. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  5. サンプルプログラム集

continue文 - ループをスキップ

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

繰り返し処理のループをスキップする continue文を紹介します。

break文

continue文は、for文while文などの繰り返し処理のループをスキップする場合に使用する構文です。

continue;

continue文を使用すると、for文やwhile文の繰り返し処理の途中であってもそのループをスキップし、ループの先頭(次のループ)から実行します。

繰り返し処理のループから抜けるbreak文も合わせてご覧ください。

それでは continue文を実際に使ってみましょう。

サンプルプログラム

for文のループをスキップするサンプルプログラムです。

#include <stdio.h>

int main(void){

  /* カウンタ変数の宣言 */
  int i;

  /* 繰り返し処理 */
  for(i=0;i<10;++i) {
    // ループをスキップ
    if(i==5)
      continue;
    // ループをスキップ
    if(i==7)
      continue;
    // 文字列を出力
    printf("Hello! %d\n", i);
  }

  return 0;
}

実行結果です。

Hello! 0
Hello! 1
Hello! 2
Hello! 3
Hello! 4
Hello! 6
Hello! 8
Hello! 9

このように変数「i」が「5」と「7」のときにcontinue文を使用しているので、そのループの繰り返し処理がスキップされます。

次はfor文while文などの繰り返し処理でよく使う「(前置・後置)インクリメント演算子, ++」についてみていきます。

C言語入門

C言語 - サンプルプログラム

基本構文 の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  3. continue文 - ループをスキップ
  4. 配列の要素を出力(表示)する
  5. int main(void) - プログラムの基本
  6. while文 - 繰り返し処理
  7. 閏年(うるうどし)を判定する
  8. 関数のプロトタイプ宣言
  9. (前置・後置)インクリメント演算子, ++
  10. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Mac環境

関連記事(一部広告含む)