今日の人気記事

  1. 配列の要素を出力(表示)する
  2. printf関数の変換指定子
  3. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  4. 入力した2つの数値を交換する
  5. 変数の値を出力 - printf 関数

エスケープシーケンス - 特殊文字

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

C言語で利用できるエスケープシーケンス(特殊文字)を紹介します。

エスケープシーケンス - 特殊文字

バックスラッシュ「\」(あるいは円記号「¥」)とそれに続く1文字のアルファベットや記号で表す「文字」のことをエスケープシーケンス(特殊文字)といいます。

C言語では、改行やタブなどを表現するのに使います。

エスケープシーケンス

エスケープシーケンスのリストです。

特殊文字概要
\a警告音
\bバックスペース(カーソルを1文字左へ)
\fフォームフィールド(次ページの先頭に)
\n改行
\r行頭
\tタブ
\\バックスラッシュ「\」、あるいは円記号「¥」を表示
\'シングルクォーテーション「'」を表示
\"ダブルクォーテーション「"」を表示
\?クエスチョンマーク「?」を表示
\0Null(ヌル)

下記のサンプルプログラムで、実際に使ってみましょう!

サンプルプログラム

それではエスケープシーケンスを使った、サンプルプログラムをみていきます。

#include<stdio.h>

int main(void) {

  // 改行
  printf("こんにちは!\n");
  printf("今日も天気がいいですね。\n\n");

  // タブ
  printf("\tHello\n");

  // 効果音
  printf("\aWorld!\n");

  // 記号いろいろ
  printf("\\\'\"\?");

  return 0;
}

実行結果です。

こんにちは!
今日も天気がいいですね。

	Hello
World!
\'"?

改行やタブに加えて、いろいろな記号を表示してみました。また、プログラムを実行すると効果音が鳴るようにもなっています。

次は「配列」をみていきます。

基本構文 の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. while文 - 繰り返し処理
  3. 配列の要素を出力(表示)する
  4. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  5. 変数の値を出力 - printf 関数
  6. int main(void) - プログラムの基本
  7. 関数のプロトタイプ宣言
  8. コンパイルと実行
  9. 四則演算 - 算術演算子
  10. 数値の桁揃え

関連記事(一部広告含む)