今日の人気記事

  1. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  4. head - ファイルの先頭数行を表示 - Linuxコマンド
  5. コマンドの実行結果・標準出力をファイルに保存

mount - ファイルシステムをマウントする - Linuxコマンド

スポンサーリンク

mountコマンドは、ファイルシステムをマウントするコマンドです。

mount

書式

mount [オプション] [デバイス] [ディレクトリ]

mountコマンドは、デバイス・ディレクトリなどを指定し、カーネルに知らせることで、そのデバイスのファイルシステムをツリー構造を認識します。

オプション

-a/etc/fstabに記載されているファイルシステムをマウントします。
-F-a とともに使用します。新しくマウントプロセスを生成します。
-nマウントする際に/etc/mtab に書き込みません。
-rファイルシステムを読み込み専用でマウントします。-o ro と同じ。
-wファイルシステムを読み書き可能なモードでマウントします。-o rw と同じ。
-t ファイルタイプファイルタイプを指定します。
-o マウントオプションマウントする際のオプション(読み込み専用など)を指定します。

ファイルタイプ

ファイルタイプには、「ext」「ext2」「ext3」「iso9660」「vfat」「nfs」「xfs」……などなど、さまざまなものがあるのでデバイスのフォーマットを確認し、適切にマウントしましょう。

マウントするオプション

asyncI/Oが非同期に行われます。
execバイナリの実行を許可します。
remountマウントされているファイルシステムを再マウントします。
roファイルシステムを読み込み専用でマウントします。
rwファイルシステムを読み書き可能なモードでマウントします。
syncI/Oが同期的に行われます。

使用例

デバイス(/dev/sda6)をファイルタイプ ext3で、ディレクトリ(/mnt/tmp)にマウントします。

# mount -t ext3 /dev/sda6 /mnt/tmp

関連記事(一部広告含む)