今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  3. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  4. コマンドリファレンス
  5. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド

公開鍵認証によるSSH接続 - Macターミナルの使い方

スポンサーリンク

MacにデフォルトでインストールされているMacターミナル(OpenSSH)を利用した、公開鍵認証によるSSH接続について解説します。

Macターミナルを使ったパスワード認証方法をこちらを参考にしてください。
» パスワード認証はこちら

公開鍵認証方式によるSSH接続には、公開鍵と秘密鍵が必要です。これら鍵ペア(公開鍵と秘密鍵)の作成には、さまざまな方法がありますが、ここでは最も一般的なssh-keygenコマンドで鍵ペアを作成します。

作成した鍵ペアで以下のSSHサーバーに公開鍵認証でSSH接続します。

IPアドレス:aaa.bbb.ccc.ddd
SSHのポート番号:22
ユーザー:karuma
スポンサーリンク

公開鍵の設置準備

Finderを起動し、「アプリケーション」→「ユーティリティ」にアクセスし、「ターミナル」を起動します。

mac-terminal
ターミナルを起動するとプロンプト($)が表示され、コマンド入力待ちになります。

公開鍵の設置準備のため、MacからSSHサーバーへパスワード認証でSSH接続します。サーバー側で以下のコマンドを実行します。

$ mkdir ~/.ssh
$ chmod 700 ~/.ssh

SSHサーバー側に設置する公開鍵の保存ディレクトリ(.ssh)を作成し、chmodコマンドでアクセス制御のモードを変更しています。

これで公開鍵の設置準備完了です。次は鍵ペアの作成です。

公開鍵と秘密鍵の生成

SSHサーバーからログアウトし、鍵ペアを生成するためにssh-keygenコマンドを実行します。ここでは、一般的なRSA暗号の鍵を生成しています。

$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/karuma/.ssh/id_rsa): ← Enterキーを押します
Created directory '/home/karuma/.ssh'. ← ~/.ssh がない場合、ディレクトリを作成します
Enter passphrase (empty for no passphrase): ← パスフレーズを入力します
Enter same passphrase again: ← もう一度パスフレーズを入力します
Your identification has been saved in /home/karuma/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/karuma/.ssh/id_rsa.pub.

chmodコマンドで公開鍵のアクセス制御のモードを変更します。

$ chmod 600 ~/.ssh/id_rsa.pub

scpコマンドで、公開鍵をSSHサーバーへ設置します。

$ scp ~/.ssh/id_rsa.pub karuma@aaa.bbb.ccc.ddd:~/.ssh/authorized_keys

公開鍵の設置完了です。公開鍵認証でSSH接続してみましょう。

公開鍵認証によるSSH接続

$ ssh karuma@aaa.bbb.ccc.ddd

mac-terminal2
コマンドを実行すと「SSHキー“id_rsa”のパスワードを入力してください。」というメッセージが表示されます。鍵ペアを作成した際に入力した「パスフレーズ」を入力し、「OK」をクリックします。

・パスワードを表示
「パスワードを表示」にチェックを入れると、入力したパスフレーズが確認できます。

・パスワードをキーチェーンに保存
「パスワードをキーチェーンに保存」にチェックを入れると、入力したパスフレーズが保存されるので、次回から入力の必要がなくなります。

以上、「公開鍵認証によるSSH接続 – Macターミナルの使い方」でしたー。

スポンサーリンク

関連記事と広告