今日の人気記事

  1. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  2. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  3. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  4. CentOSのバージョン確認方法
  5. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド

sum - ファイルのチェックサムとブロック数を表示 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

sumコマンドは、ファイルのチェックサムとブロック数を表示するコマンドです。

sumコマンド

書式

sum [オプション] ファイル

sumコマンドは、指定したファイルの16ビットのチェックサムを計算し、ブロック数とともに表示するコマンドです。チェックサムとは、誤り検出符号のひとつで、送受信データの誤り検出に利用されます(送信したデータと受信したデータが同じかどうかをチェック)。

オプション

-rBSDのsumアルゴリズムを使って、チェックサムを計算します。1Kブロックを使います。
-sSystem Vのsumアルゴリズムを使って、チェックサムを計算します。512ブロックを使います。

使用例

指定したファイル(tmp.txt)のチェックサムを計算し、ブロック数とともに表示します。

$ sum tmp.txt 
32909    13

ファイルを編集するとチェックサムの値が変化します。

$ vi tmp.txt
$ sum tmp.txt 
39663    12

System Vのsumアルゴリズムを使って、チェックサムを計算します(オプション -s)。

$ sum -s tmp.txt 
60641 25 tmp.txt

関連コマンド

cksum, md5sum

関連記事(一部広告含む)