今日の人気記事

  1. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  2. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  3. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  4. CentOSのバージョン確認方法
  5. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド

pwd - 現在の作業ディレクトリを表示 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

pwdコマンドは、現在の作業ディレクトリのフルパス名を表示するコマンドです。

pwdコマンド

書式

pwd [オプション]

pwdコマンドは、非常によく使う便利なコマンドです。cdを繰り返していると自分がどこにいるのかわからなくなります(管理人だけかもしれませんが……)。そんなときにpwdコマンドをササッと実行! フルパスで現在の作業ディレクトリを表示してくれます。

オプション

-Lシンボリックリンクをそのまま使用します。
-Pシンボリックリンクをたどります。

オプションなしの使用例

ユーザーが現在作業中のディレクトリをフルパスで表示します。

$ pwd
/home/karuma

シンボリックリンクの使用例

あまり使用することはないかもしれませんが、知っておくと便利なので紹介します。

lnコマンドでシンボリックリンクを作成します。

$ ln -s /tmp/ tmp

lsコマンド」でシンボリックリンクを確認します。/home/karuma/tmp が /tmp/のシンボリックリンクであることがわかります。

$ ls -dl /home/karuma/*
lrwxrwxrwx 1 karuma karuma 5  5月  3 08:55 /home/karuma/tmp -> /tmp/

オプションなしでpwdコマンドを実行します。

$ pwd
/home/karuma/tmp

オプション -Lでpwdコマンドを実行します。シンボリックリンクはそのまま使用されます。

$ pwd -L
/home/karuma/tmp

オプション -Pでpwdコマンドを実行します。/home/karuma/tmp のシンボリックリンクである /tmp を表示します。

$ pwd -P
/tmp

関連記事(一部広告含む)