パスワード認証によるSSH接続 - PuTTYの使い方

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

Windows対応のSSHクライアントPuTTYを利用した、パスワード認証によるSSH接続について解説します。

パスワード認証によるSSH接続

以下のSSHサーバーにパスワード認証でSSH接続します。

SSHサーバー情報

・IPアドレス:aaa.bbb.ccc.ddd
・SSHのポート番号:22
・ユーザー:root
・パスワード認証

PuTTY

putty-09
PuTTYを起動します。

putty-10
「Host Name( or IP address)」欄にサーバーのIPアドレス「aaa.bbb.ccc.ddd」を入力します。「Port」欄にポート番号22が入力されていることを確認し、「Open」をクリックします。

putty-11
PuTTYの「Security Alert」です。ログインしたことのないSSHサーバーにアクセスすると表示される警告です。
信頼できるサーバーであれば、「はい」をクリックし、サーバーが発行した公開鍵の指紋(finger print)をキャッシュとして保存します。一度保存しておけば、同じサーバーにログインする際にこの警告は表示されません。
一度しか利用しないサーバーであれば、暗号キーを保存する必要がないので、「いいえ」をクリックしサーバーへアクセスします。

公開鍵の指紋(finger print)の詳細はこちらを参考にしてください。
» SSHサーバーの公開鍵の指紋(finger print)

putty-12
「root」と入力し、Enterキーを押します。

putty-13
rootの「パスワード」を入力し、Enterキーを押します。

putty-15
作業が終わったら「exit」を入力し、Enterキーを押します。PuTTYも同時に終了します。
「Cntl + d」(Controlキーを押しながら、dキー)でも、同じようにPuTTYが終了します。

SSH の人気記事

  1. 公開鍵認証によるSSH接続 - Tera Termの使い方
  2. rootでのSSHログインを禁止 - SSHサーバーの設定
  3. sudoユーザーを追加する方法
  4. SSHのポート番号を変更 - SSHサーバーの設定
  5. パスワード認証によるSSH接続 - Tera Termの使い方
  6. 公開鍵認証によるSSH接続 - PuTTYの使い方
  7. パスワード認証によるSSH接続 - Macターミナルの使い方
  8. パスワード認証を禁止 - SSHサーバーの設定
  9. Windows10上でLinuxを実行(Linux用Windowsサブシステム)
  10. Tera Termマクロ - パスワード認証のSSH自動ログイン

関連記事(一部広告含む)