nginx をソースからインストールする方法

スポンサーリンク

nginxをソースからインストールする方法を解説します。

ソースからビルド

パッケージからインストールした場合、nginxのバージョンが古い場合があります。機能として問題はないのですが、テストなどで最新版を試したい場合は、ソースからビルドしましょう。ここでは安定版の1.4.1をインストールします。

まず、wgetコマンドでソースファイルをダウンロードします。

# cd /usr/local/src
# wget http://nginx.org/download/nginx-1.4.1.tar.gz

ダウンロードしたファイルをtarコマンドで展開し、

# tar zxf nginx-1.4.1.tar.gz 
# cd nginx-1.4.1/

makeコマンドでコンパイル・インストールします。

# make
# make install

これで、インストール完了です。デフォルトの設定を変更したい場合は、コンフィグ時に以下のオプションを設定すれば、OKです。

--prefix=pathnginxがインストールされるパス。デフォルトのpathは、/usr/local/nginx。
--sbin-path=pathnginxの実行ファイルがインストールされるパス。デフォルトのpathは、/sbin/nginx。
--conf-path=pathnginxの設定ファイルnginx.confがインストールされるパス。デフォルトのpathは、prefix/conf/nginx.conf。
--pid-path=pathnginxのpidファイルのパス。デフォルトのpathは、prefix/logs/nginx.pid。
--error-log-path=path nginxのエラーファイルのパス。デフォルトのpathは、prefix/logs/error.log。
--http-log-path=pathnginxのアクセスログのパス。デフォルトのpathは、prefix/logs/access.log。

こちらも参考にどうぞ。
http://wiki.nginx.org/InstallOptions

関連記事(一部広告含む)