今日の人気記事

  1. ホスト名からIPアドレスを取得 - gethostbyname()、gethostbynamel()
  2. 画像に四角形を描画 - imagerectangle()
  3. 数値の小数点以下を処理(四捨五入・切り捨て・切り上げ) - round関数、floor関数、ceil関数
  4. Apache 2.4 VC14 のダウンロードとインストール - Windows10
  5. 区切り文字列を配列に変換 - explode()

文字列 - string

スポンサーリンク

ここでは、PHPの基本構文「文字列 - string」について解説します。

文字列の基本構文

文字列はシングルクォーテーション(引用符)「'」、

'文字列だよー'

あるいはダブルクオーテーション(2重引用符)「"」で囲んで記述します。

"こちらも文字列だよー"

それでは「文字列」のサンプルをみながら、スクリプト記述方法をみていきましょう。

サンプルスクリプト

指定した文字列を出力する場合には 「echo」と「print」を使用します。

<?php
echo 'hoge hoge?';
print "piyo piyo!";
?>

実行結果は以下のようになります。

hoge hoge?piyo piyo!

対して、数値は「シングルクォーテーション」「ダブルクオーテーション」で囲まずに、そのまま記述します。

<?php
echo 3.141592;
?>

実行結果です。このように表示されます。

3.141592

複数行の文字列

複数行にまたがった文字列を出力することもできます。

echo "Hello
World
!";

実行結果です。指定した複数行の文字列が出力されていますね。

Hello
World
!

特殊文字を使って、複数行の文字列を出力することもできます。

echo "Hello\nWorld\n!";

実行結果です。

Hello
World
!

文字列を変数に格納

また、文字列を変数に格納することもできます。

<?php
$str = 'hoge piyo';
echo $str;
?>

実行結果です。変数「$str」に格納された値が「echo」によって、出力されていることがわかります。

hoge piyo

次は「結合演算子 - 文字列の連結」をみてみましょう。

関連記事(一部広告含む)